ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 6.0ベースの「CyanogenMod 13」の開発がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android ROM メーカー Cyanogen が AOSP ベースのカスタム ROM「CyanogenMod」の Android 6.0 Marshamllow 版を「CyanogenMod 13(CM 13)」として開発をスタートさせました。CM 13 の開発はまだ発表されていませんが、CyanogenMod のコードレビューサイトで「cm-13.0」のブランチタグが表示されるようになっており、CyanogenMod 13 として開発を進めていることが確認できます。まだ開発はスタートしたばかりなので、Nightly の ROM としては配布されていませんが、CyanogenMod 12 から Nightly はほぼ素の状態で配布が始まったので、少なくとも、年内には利用可能になると見られます。Android 6.0 では、App Permission のサポートや Chrome カスタムタブのサポートを含む Web 体験の改善、App Links 機能の追加、指紋認証のネイティブサポート、バッテリー消費・充電機能の改善が主な変更内容となっています。Source : Cyanogen

■関連記事
WhatsAppの会話履歴・メディアがGoogleドライブにバックアップ可能に
Facebook、投稿に“いいね”以外の感情で反応できる「リアクション」ボタンを提供
「Stagefright Detector」がv5.0にアップデート、新たに発見されたStagefright 2.0バグのチェック機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP