体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】内房のグルメキーワードは「地元」と「隠れ家」! ~名店巡礼 内房編~

f:id:tabearukist:20150926162345j:plain

みなさんこんにちは、タベアルキストのWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ前回の記事をご確認ください!

~名店巡礼 内房編~

第2回目の巡礼先は「内房」を選びました。

千葉県・房総半島の東京湾に面したエリアで、海あり山ありの起伏に富んだ土地です。特に海岸線には木更津港や金谷港など多くの漁港があり、海の幸が充実。地元で獲れた新鮮で美味しい魚を使った料理が楽しめるお店がたくさん存在します。

今回の食べ歩きの旅では、移動手段に内房の美しい景色が楽しめる電車を使い、内房線沿いの、駅からのアクセスもそれほど難しくないお店を中心に5軒をセレクト。そのいずれも地元の人に長く愛される、知る人ぞ知る隠れ家的名店をラインナップしてみました。

それでは名店巡礼「内房編」、いってみましょう!

1軒目:ロッシーニ 逸品:ペスカトーレ・ロッシーニ風

f:id:tabearukist:20150920160737j:plain

9月某日、秋雨の合間を縫って我々は2回目の巡礼の地・内房へやってきました。
今回も3名のタベアルキストで5軒の名店を巡ります。始まりの地は「巌根駅」。
ターミナルとなる木更津のすぐ隣の小さな駅からスタートです。

駅からタクシーで移動すること数分。住宅地の裏通りにその店はあります。

1軒目はイタリアンの「ロッシーニ」。
シチリアを思わせる白い壁と良く手入れのされた庭が素敵な佇まいです。
本当に目立たないところにあるので、まさに知る人ぞ知る隠れ家的なレストラン。

f:id:tabearukist:20150920161541j:plain

卓上には綺麗な生花も飾ってあります。
見回してみれば、各席には「予約席」の札が。メニューを眺めている間にあっという間に満席になりました。
老若男女に人気の、地元の方たちに人気のレストランのようです。

f:id:tabearukist:20150920162925j:plain

パスタランチを選ぶと、パスタの他に、サラダ・ドルチェ・ドリンクがつきます。
サラダも、小鉢に盛る付け合せとは異なり、皿に綺麗に盛り付けられた本格的なもの。この日はイチゴ貝のサラダで非常に美味。
新鮮な野菜のほのかな苦みと、オリーブオイルの香り、イチゴ貝の食感がうまく組み合わさった、少し大人味な仕立てでした。

1 2 3 4 5次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。