ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

葬儀の「お布施」は言い値 相場より低くても寺は断われない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本全国の寺院のうち、35.6%が消滅の可能性がある」(鵜飼秀徳著、日経BP社刊『寺院消滅』より)。今、日本全国の寺が困窮にあえいでいる。4人の現役僧侶が葬式にまつわるお金の話を語り合った。

 今回、自らの寺院を持つ住職・副住職たちが一堂に会した。甲信越地方の浄土宗の副住職A(43)、関西地方・浄土真宗の住職B(63)、関東地方・曹洞宗の住職C(50)、そして北陸地方の臨済宗の住職D(35)が、匿名を条件に「葬式の費用」について語る。

浄土宗A:葬儀は定期的にあるものではないので、副収入的に考えていますね。それに葬儀の際の「お布施」は、一応相場はあるものの、こちらで額を決めることができない。そもそもお布施とはお寺に対する寄付のこと。こちらで具体的な額を提示してしまうと商取引になり、課税される可能性がある。

 一応お布施の相場は東京が高額で40万~50万円、大阪や名古屋が30万~40万円、京都が20万~30万円で、地方だと10万円前後といわれていますが、原則「寄付する側の言い値」でやらなきゃいけない。相場より低いから葬儀を断わるということはできません。

浄土真宗B:でも今は「値段はいくらですか」とストレートに聞かれる時代になりましたね。我々は「お気持ちで」というしかない。それでは困るといわれた時には、「本意ではないが相場ではこのくらいです」とお伝えするようにしています。

 そうした相場は親や親戚の年配者から引き継がれ、暗黙の了解となっていたんですが……。最近では袋に「お経料」と書いて持ってくる人がいるくらい(苦笑)。これは「料金」ではない、ということで「『お布施』と書いてください」とお願いしています。

浄土宗A:その点、葬祭業者が仲介している場合には、こうしたことを代わって伝えてくれるから安心ですよね。葬祭業者に手数料を取られるから難しいところではありますが。

曹洞宗C:自分だけでは葬儀を行なえない寺が増えてきているから、最近の葬祭業者は強気ですよね。仲介手数料名目の「中抜き」が2~3割、多いところで5割ぐらいでしょうか。

臨済宗D:最近は葬儀は必要ない、墓も要らないという「ゼロ円葬」の時代ですから、業者も大変なんでしょう。でも我々はいつの時代でも「お気持ちで」と返すしかない。収入は減るばかりです。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お布施の相場 お経をあげてもらうだけの読経料は最低20万円
柴又帝釈天 「御前様」の後継者をめぐり騒動が勃発していた
金満僧侶はごく一部 檀家増やすためバー開きマスター就任も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP