ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝 いろは坂や富士山を登る代替コースを想定してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年5月に箱根山の火山活動が高まって以降、いまや国民的行事ともいえる箱根駅伝(来年の1月2、3日に予定)の開催を危ぶむ声も出ている。実際に5区および6区を走るランナーたちは、警戒区域から外れているとはいえ、大涌谷の立ち入り禁止エリアから直線距離で約2kmの場所を通るからだ。

 そんな中、浮上しているのが4区の小田原中継所で折り返すという案だ。

 昨年の優勝チームである青学大・原晋監督はインタビューで「東京~小田原往復8区間となれば面白くないですが、こればかりは自然が相手なのでどうしようもありません」と語っている。

 しかし、原監督の言う通り、第5区の舞台となる「山」がなければ大会の盛り上がりは大きく欠ける。近年の箱根駅伝はまさに「山登り」こそがドラマだったからだ。

 そこで考えられるのがコース変更だ。箱根駅伝では、やむを得ない理由でコースが変更になったことがある。

 第二次大戦下の1941年、軍事上の理由などで東海道(当時のコース)を使うことができなくなり、明治神宮から東京都青梅市にある熊野神社までを走る「青梅駅伝」が開催された。この大会は公式記録には含まれていないものの、そうした“苦肉の策”もとられてきた歴史があるのだ。

 そこで駅伝に造詣の深い人々の知恵を借りて代替コースをシミュレーションしてみた。

「“山”が必須条件ならば栃木県日光市のいろは坂がいいと思います」

 そう提案するのは、『箱根駅伝 襷をつなぐドラマ』(角川新書)の著者で、スポーツライターの酒井政人氏だ。

「いろは坂では『いろは坂女子駅伝』が開催されている。標高410mの日光だいや川公園をスタートして、第一いろは坂を駆け上がり、標高1289mの日光二荒山神社がゴールです。奇しくも総距離23.4kmは箱根の5区とほとんど同じなんです。標高差880mも、箱根とほぼ同じです。

 例えば『箱根駅伝』を『日光いろは坂駅伝』に衣替えするなら、新年のイベントらしく参拝客で賑わう栃木県の佐野厄除け大師をスタートして国道50号線を東に走り、その後、日光街道を北上。宇都宮を過ぎてから県道248号線に入り直進すれば日光だいや川公園に到着します。

 ここまでの約85kmを4区に分ける。そして第5区はいろは坂を登って往路のゴール。翌日に同じコースを折り返します」

 これなら山の醍醐味を残せそうだ。他にも関東には神奈川の「丹沢」や東京の「高尾山」など、登山を含むコースも考えられる。日本ランニング協会代表理事の小林渉氏が言う。

「丹沢や高尾山も素晴らしいコースだと思いますが、どちらも標高差が箱根ほどはありません。箱根駅伝の魅力は15kmほど登り続ける、あるいは下り続けるというダイナミズムです。富士山の3合目くらいまで登って、そこを往路のゴールにするというコースもありだと思います」

 富士スバルラインを3合目まで登れば、標高差は800mほどで箱根の山登りと同じくらい。全体のスタート・ゴール地点をどこにするかは考えなければならないが、これも検討の価値があるかもしれない。

 山の神・神野は開催を危ぶむ声に「自分たちがどうしたいかは二の次、地元の安全、安心が第一です」とコメントしているが、やっぱり箱根駅伝ファンとしては来年も「山の神」の降臨を見たいのです!

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
箱根駅伝の関係者ら 「中止」という言葉に敏感になっている
もうすぐ箱根駅伝 一体何歳まで何回出場できるのかご存じ?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP