体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

町並みが美しい!飯田街道・足助の別名「塩街道」【愛知】

足助 マンリン小路

三河湾の塩を、信州に運ぶ重要な運搬路だった飯田街道。
「塩街道」とも呼ばれ、その宿場町だった足助の町には塩問屋が数多く並び、商業の町として繁栄しました。
現在も約2㎞にわたって町並みが残り、愛知県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定。
街道沿いには平入・妻入の母屋が立ち並ぶ一方、足助川沿いには川に張り出すように座敷などが作られ、独特な景観に心が躍ります。
紅葉のこの季節、ゆったりと歩きたくなる場所です。

飯田街道 足助(あすけ)

建ち並ぶ塗籠造りの町家!活気溢れた商人の町を回顧する

足助 マンリン小路両脇に蔵が連なる「マンリン小路」。漆喰と板壁が見事旧飯田街道旧飯田街道の町並み。足助の町の中心だったところ 飯田街道 足助(あすけ)
「飯田街道 足助」の詳細はこちら

マンリン書店

美術館のようなカフェで見る・憩う・読む・ひと時

マンリン書店外観書店としては100有余年の歴史がある マンリン書店 小路 愛知まちなみ建築賞を受賞した建物 マンリン書店 珈琲とケーキ 入館料500円でドリンクが付く

中馬街道の蔵の町にある注目のギャラリーカフェ。180年前の蔵づくりの建物の中に、書店、カフェ、ギャラリーの3つのコーナーがあり、絵本や雑貨、小物など見るだけでも楽しい。

マンリン書店
TEL/0565-62-0010
住所/愛知県豊田市足助町新町2
営業時間/10時~18時
定休日/水、木
料金/珈琲とケーキ800円
「マンリン書店」の詳細はこちら

井筒亀

滋味あふれる季節の風物詩!猪鍋で心も体も温まる

井筒亀 猪鍋 豆味噌のタレで煮込むため、臭みもなくあっさり。他、猪肉を使った珍しい料理も味わえる 井筒亀店内 合掌造りの店内 井筒亀外観 1887年創業。旧飯田街道で今なお続く料理屋

10月中旬~3月の期間限定の猪鍋が味わえる店として県内外からファンが訪れる。地元猟師から仕入れる鮮度のいい足助産猪肉を、地場の野菜や天然きのこと共に存分に味わいたい。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。