ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】ネット生放送で家を火事にした日本人男性が世界デビュー! 海外テレビ番組で馬鹿にされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットで自分の部屋から生放送をしつつ、オイルライターを使用していたところ、周囲のゴミや可燃物に引火。最終的に大火事になる騒動が発生し、大きな話題となっていたが、新たな続報が入ってきた。

・あまりにも頭が悪い火事
着火から大火事になるまでのようすがインターネット生放送で世界中に配信されたことにより、その動画がYouTubeに転載され、海外のテレビ番組で放送。司会者やゲストが動画を観て大爆笑し、「あまりにも頭が悪い火事」として紹介されたのだ。

・火は激しく燃えはじめ最終的に火事
オイルライターを着火したところ本体が発火。男性は熱がり、自分の左横に燃える本体を落としてしまった。その後、男性は何を血迷ったか、燃えているオイルライターの一部を右横にあるゴミ袋に捨て、左横の本体の消火に専念した。

左の消火に注目してしまったため、右の発火に気がつかず、火は激しく燃えはじめ、最終的に火事になってしまった。

・スタジオでは笑いが沸き起こる
そのときの動画を海外のテレビ番組が大々的にとりあげ、あまりにも「マヌケな男性のようす」として伝え、大爆笑。火事という深刻な事態にもかかわらず、スタジオでは笑いが沸き起こっていた。

・男性がコミカルに見えた!?
しかもこのテレビ番組、火事を起こした男性にモザイクを入れずに全国には放送しており、その部分も物議をかもしている。本来なら火事になりようがないシチュエーションで大火事を起こしてしまった男性がコミカルに見えたのだろう。


https://youtu.be/DbRDRdXr8gg

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/08/kaji-net/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP