体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「刃がない」レーザー式カミソリに、4億円以上の出資が集まった!

151007-01-10-08 21.16.00

男性の朝の日課。それはシェイビングクリームをつけて、髭を剃ること。剃り残しをなくすため、何度も剃ることでカミソリ負けした人も多いはず…。
そんな悩みとは無縁のカミソリが、Skarp Technologiesが開発している次世代のカミソリ「Skarp Razor」です。

レーザーで毛を剃る
刃のない未来型カミソリ

th_スクリーンショット 2015-10-08 15.59.10

これはカミソリ刃で剃るのではなく、なんとレーザー光で毛を剃るという画期的なもの。

th_スクリーンショット 2015-10-08 16.13.35

創業者のMorgan Gustavsson氏は、30年以上も医療用の脱毛レーザーを研究してきた人物。彼が、普段は医療用として使われているレーザーをカミソリに応用したのです。

th_スクリーンショット 2015-10-08 15.58.52

このSkarp Razorの使い方は、至ってシンプル。水や特別なクリームは必要なく、剃りたい部分にカミソリをあてるだけ。
するとレーザーが毛の色を判断し、その部分だけをカットする仕組み。ヘッドの赤くなっている箇所からレーザーがでます。

髭だけではなく、脇や足の毛を剃ることも可能。老若男女どんな人にも使えます。

th_スクリーンショット 2015-10-08 16.11.52

使用後の肌荒れに悩んでいた人や、刃を買い換えるのが面倒だと思っていた人は必見のアイテムではないでしょうか?

5,000年変わらなかったものに
変革を起こす

さらにこの未来型カミソリは、環境にやさしいというメリットも。アメリカで年間約20億個も廃棄されている使い捨てカミソリを減らす可能性が。さらに水を使わないため、節水にもなります。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。