体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたがもっと「ワガママ」になっていい理由

needs-others_92469031

自分のしたいことと、他人の幸せを秤にかけたら。あなたの振り子はどちらかに傾くでしょう?ところが「Tiny Buddha」のこの記事は、そのどちらも両立できる方法があると記しています。睡眠療法士のSonia Devine氏が、実体験をもとに書きあげた、みんなが幸せになれる方法論。ちゃんと自己主張できるかがカギです。

相手の幸せを考えて
あえて、“我がまま”を
貫き通すこともアリ!

183746075

自分自身をいたわることと、ワガママを同一に考えて混乱する人が多い。その実態は、自分自身を一番に気にかけることができなければ、結局、誰の役にも立てないということ。
例えば「NO」と言いたい場面でも「YES」ばかりで人生を過ごし、自分の求めるものを後回しにして、つねに誰かとの対立を避けてばかりでは、あなたがいくら境界線を敷いたところで、そこに何の意味もなくなってしまう。
いつも人当たり良く、寛大である必要なんてない。自分の思考をきちんと表現できれば、視点が他人とずれていたって何も問題はないということ。腑に落ちないのならば、黙り込んだり、ただイライラしたりせずに、しっかりと自己主張を意思疎通に取り入れることだ。この積極性は、「あなたを尊敬しているが、自分の意見も尊重している」というメッセージを、相手に送ることができる。これが、健全なコミュニケーション方法というもの。

相互作用の「Win-Win」を
会話の中から見つけ出す

Two happy hipster friends enjoying sunset on the beach

もしも、あなたが自分の思いを無視して、ネガティブな感情をぐっと心に閉じ込めたとする。すると、いつかそれは思わぬ形となって飛び出してくるものだ。
ワガママ放題のナルシストになれと言っている訳ではない。いついかなる状況においても、自分と相手に「相互作用をもたらす最善策は何なのか?」を自問自答すること。ギブアンドテイクの健全なバランスの上に、幸せな人生があると思っていい。このバランスをとることは、あなた自身がまず、周りの人と同じように幸せになる権利があると信じることから始まっている。

「こうして欲しい」を
ためらわずに相手に伝える

needs-others_155550203

私は7歳のときに、学校のクラスの中にある序列を感じていた。人気者を中心にしたグループがあり、その後に私がいる。人気者グループに好かれたい一心で、私はその子たちのために何だってした。グループの一人は我が家の近所で、よく一緒に遊んだ。二人でいる時の彼女はとても親切。ところが、クラスでの彼女は態度が急変、他の子の前で私をバカにし、残酷な一面をのぞかせた。

ある日、私はカラフルなクレヨン誕生日のプレゼントにもらい、授業で使っていた。その子が貸して欲しいというので、私はこう返した。「友達になってくれるならいいよ」と。「もちろん」彼女はそう答えて、私の手元からクレヨンを奪っていった。私が彼女を信じれた時間はほんのわずか。授業が終わると彼女の態度が一転。私は、悲しみと怒りのなかで混乱するしかなかった…。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。