ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンク×カーキがローラさん流! 秋バッグの甘ミリカラー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファッション上級者は、バッグにこそこだわるもの。バッグ次第ではコーディネートが一気にちぐはぐしてしまうこともあります。
でも、人と被るような無難なバッグは嫌。かといって、あれもこれも買う余裕なんてないし……。
そんな女子のわがままを叶えてくれるバッグが、イタリアの老舗ブランド「FURLA(フルラ)」から登場しました。

自分好みに着せ替えられるカスタマイズバッグが登場

フルラ」から新しくスタートしたのは、ミニマルなフォルムが大人気のミニバッグシリーズ『METROPOLIS(メトロポリス)』のカスタマイズバッグ
このカスタマイズバッグは、オフホワイト、ペールピンク、ブラックの3種類のボディに、さまざまな色と素材でできた12種類のフラップを組み合わせることができます。ボディのバックサイドにスナップボタンがあるので、簡単に付け替えが可能なんです。

セレモニーにはローラさんが登場


そして今日8日(木)には、「フルラ 銀座店」の10月10日(土)のリニューアルオープンを記念して、テープカットセレモニーが行われました。ゲストには、モデルやタレント、女優として活躍するローラさんが登場。
グレイのタイトドレスにゆるく巻いたヘアで大人な雰囲気のローラさん。肩には、新作のカスタマイズバッグがかけられていました。
ローラさんは、ペールピンクのボディ×カーキのフラップの組み合わせでカスタマイズしたよう。

「秋っぽい雰囲気を出したかったの。組み合わせを考えるのは楽しい! たくさんバッグを買わなくても、フラップ部分を変えるだけでいろいろな服に合わせられるのがいいね」

と、自分がカスタムしたバッグにご満悦の様子でした。
自分でカスタムできるため、その日のスタイリングや気分、季節によっても変えられてとても便利。朝、コーデを考える時間がもっと楽しくなりそうです。
また、チェーン部分にはスカーフを巻いて、ワンポイントに。柔らかなスカーフを添えるだけで、高級感が増し、より華やかな印象になります。
このスカーフも「フルラ 銀座店」の限定アイテムで、10月10日(土)~12日(月)の三連休の間だけ先着順でプレゼントされるのだとか。数量限定品なので、気になる人は早めにチェックしておいた方がいいかもしれません。

冬にぴったりの銀座店限定ファーバッグ


さらに今回、メトロポリスシリーズから銀座店限定バッグが登場しました。ブラックボディにファーのフラップが、とてもゴージャス。フラップはパープルとグリーンの2色展開で、どちらもエレガントなデザインです。このファーバッグにはどんなコーデを合わせたいのか、ローラさんに聞いてみました。

「とても素敵! 冬にぴったりの高級感のあるデザインが好き。ピタッとした黒のドレスに合わせて、ディナーに出かけたいな。あとはデニムファッションが好きだから、そこにファーを合わせてもいいかも」

ファーのようなラグジュアリー感のあるアイテムには、シックな服やカジュアルなファッションを合わせるのがローラ流。コーデの足し引きをすることで、全体のバランスをうまくまとめているんです。
また、ローラさんは大の靴好き。自宅のウォーキングクローゼットにはたくさんの靴があるのだとか。

「私、靴へのこだわりはすごくあるの。靴からイメージを膨らませてその日のファッションを考えることが多いんだ」

たしかにローラさんのファッションは、服とバッグ、帽子や靴など、すべてにおいてバランスを考えて組まれています。「今日は何を着よう?」と悩んだときは、ローラさんのように、まず最初に履き靴や持ちたいバッグを決めてから服を考えていくと、よりバランスのよいコーデに仕上がるかもしれません。

心からファッションを楽しむ


ファッションの話を本当にうれしそうにしてくれるローラさんの表情や、口ぶりからファッションへの愛をひしひしと感じました。
その愛が、小物にまで気を抜かないこだわりの強さにつながっているのではないでしょうか。
自分のこだわりのカスタマイズバッグがあれば、毎日のファッションがもっと楽しくなる気がします。
私はオフホワイトのボディにブラックのフラップでモノトーンに仕上げようかな。この間買ったライダースジャケットにもぴったりだと思います。
[FURLA]
(近藤うらら)


(グリッティ)記事関連リンク
秋の夜長に元気をくれるガールズサヴァイバルムービー
ストールこそ大人買いを。「Johnstons」をチェック
テンションMAXのハロウィンは出会いの宝庫! 大人コスで攻め姿勢を

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP