ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホを使った日常の操作をショートカットできるボタンが便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々スマートフォンを使う中で、頻繁に利用する機能があるだろう。例えば同じ文言のテキストメッセージを特定の相手に送る、音楽を聴く、写真を撮るなど。

そうした動作をワンクリックで可能にするボタン「Pebblebee Stone」を今回は紹介したい。

・マルチなリモコン

ボタン電池で作動するPebblebee Stoneは、名称の通り石のよう。しかし、これは見た目以上にマルチなリモコンボタンだ。

小さいながらも、動作や温度のセンサーなどを内蔵し、Apple iBeaconやBluetooth、GPSにも対応する。

連携するスマホのカメラのシャッターボタンとなったり、スマホの音楽をコントロールできたり。また、キーホルダーなどに取り付けて追跡トラッカーとして使えるなど多彩だ。

・豊富なIFTTTメニュー

しかし、このボタンの最大の売りは、アプリやウェブサービスをリンクさせられる「IFTTT」のメニューが豊富なこと。

例えば、あらかじめ用意している定型メッセージをワンプッシュで送信するということが可能。

使用例としては、ボタンを押して、「夕食が準備できました」のメッセージを家族全員の端末に届ける、メッセージをくれた人に「ただいま運転中」と返信する、など。

また、夜道を歩いていて危険を感じた時にこのボタンを押して家族や友人に自分の位置情報を伝えたり、SOSを出したりすることも。気温が一定以上に上がったら端末にアラートが届くようにするといった使い方もできる。

・毎日を少し便利に

こうしたIFTTTサービスは、アプリでカスタマイズできる。1つの「石」に持たせられる機能は2つ。必要に応じて複数の「石」を使うと、日常のちょっとした動作をスムーズにできそうだ。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterでプレオーダーを受付中(11月8日まで)で、1つ30ドルから。2つセットだと50ドル、4つセットは80ドルとかなりおトクになる。

すでに目標額を達成していて商品化はほぼ確実。年内発送を予定しているのも嬉しい。

Pebblebee Stone/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP