ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動く!踊る!ディズニーが開発した「3D塗り絵」(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけたのは、あのディズニー。子供だけでなく大人も楽しめる、ディズニーならではの“魔法”がかけられています。

描いている手元を
アプリで見ると…

こちらが従来のいわゆる塗り絵。平面に好きな色を塗っておしまい。というものですよね。ウォルト・ディズニー・カンパニーの科学技術開発研究部門「Disney Reserch」 が開発した塗り絵はひと味違います。子供だけでなく、大人も虜にしてしまうサプライズが!

デジタルの拡張性を最大限に活かして開発された、このユニークな塗り絵の仕掛けは、そう3Dです。色鉛筆や筆の質感そのままに、好きな色に描いたキャラクターたち。これを、専用アプリをダウンロードしたモバイルデバイスの画面を通してみると…絵が浮き上がり、リアルタイムでどんどん着色されているではありませんか!

3Dの仕掛けは
リアルタイムのトラッキング

この仕掛けはディズニー・リサーチが独自に開発した「Lookup map」というトラッキングシステムにあります。簡単に言ってしまえば、色が塗られたイメージをピクセル毎に追跡して、二次元の塗り絵では表現できない立体(背景)の色を予測、自動的に検出するというもの。これにより、リアルタイムでの3D映像が可能となりました。
314人の被験者にこの3D塗り絵を何度も試してもらった開発秘話が動画内に登場します。紙に描いたイメージの立体的な仕上がりをモニタリングし、最も好みの完成図を選んでもらうABテストを繰り返して、塗り絵のイメージを具現化していったんだそう。

色を塗ってからが
本当のお楽しみ!

さらに、この3D塗り絵の革新的な技術がもうひとつ。デバイスを通して見ると立体に浮き上がるばかりか、キャラクター自身が紙の動きに合わせて「おっとっと…」揺れたり、踊ったりもできること。
自分の好きなキャラクターを、ただ「塗っておしまい」ではなく、「動かす」楽しみも加わった、三次元塗り絵。楽しみの幅がぐんと広がりそうですね。

Licensed material used with permission by Disney Reserch

関連記事リンク(外部サイト)

美女が宙吊りに!?巨大な「人間UFOキャッチャー」が出現!
図書館で1日12時間猛勉強!名門ケンブリッジ大に合格したホームレス
夢をコントロールできるアイマスクが登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP