ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

難民受け入れを美談にするメディア 「現実考えよ」と落合氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 難民たちを乗せたボートがトルコ沖で転覆し、3歳男児を含む12人が死亡した。浪打ち際でうつぶせになっている3歳男児の遺体写真をきっかけに欧州各国は難民受け入れを拡大する方向に急転回したが、作家の落合信彦氏はこうした件を美談にするだけで良いのかと警告する。欧州各国では、「移民」をめぐる過去の諸問題も発生していた過去から落合氏が解説する。

 * * *
 フランスは、多くの移民(難民ではない)にたびたび頭を悩まされてきた。

 昨年、私がフランスを訪れ、パリ郊外のハイウェイを走っていたときに、高い壁に囲まれた地区が見えた。あとで聞くと、そこはアラブ系移民だけが住む地域で、治安が悪くフランス人はめったに入らない場所だという。壁は落書きだらけで、荒廃していた。

 人口6600万人のフランスには、400万人以上の移民がいる。うち300万人が北アフリカ出身だ。ドゴール空港ではカウンターの向こうで働いているのはほとんど北アフリカ系の事務員だった。

 2005年10月には、移民らによる暴動が起きた。パリ郊外で警察官が事件の捜査中に北アフリカ出身の若者3人を追跡中に、うち2人が逃げ込んだ変電所で感電死。「警察が追い込んだ」として、貧しい移民ら若者が暴動を起こし、それがフランス全土に広がった。3週間弱の間に1万台近くの車が焼き討ちされるなどして破壊された。

 背景には、移民らの高い失業率があった。若年層の失業率が全国平均で約20%と高かった当時、移民の多い地区ではそれを大きく上回り40%以上にも上っていた。

 今年1月に起きたシャルリー・エブド襲撃事件も、移民政策の負の側面が表出したものだ。12人を殺害した犯人は、アルジェリア系フランス人だった。事件以降、フランスではイスラム教徒やモスクなどへの嫌がらせが相次ぎ、「アラブは出て行け」などの落書きも見つかっている。

 イギリスには、職にあぶれたポーランド人が多く移った。それに対してイギリスでは「ポーランド人が来て犯罪が増えた」「移民に職を奪われている」という声があがっている。

 ドイツ・ベルリンでは、移民やその2世が生徒の80%以上を占める高校がある。彼らは教師らに暴行したり学校にギャングを連れてきて騒ぎを起こしたりしている。日本とは比較にならない“学級崩壊”状態だ。彼らはテレビのインタビューに「俺たちに未来はないんだ」「将来の仕事は強盗だろうね」などと語り、教師たちはもう耐えられないと、惨状を綴った陳情書をベルリン議会に提出した。

 各国が移民受け入れに伴う副作用に悩まされているなかで、そこに年間数十万人の難民がさらに押し寄せたらどうなるだろうか。

 まず失業率は急激に上がり、犯罪が増える。

 膨大な数の難民に、テロリストが紛れ込んでいても、まったく防ぐことができない。どこかで爆弾テロが起きて犠牲者が出たら世論は「やはり難民は受け入れるべきではない」と一転するに違いない。報復で難民が無差別に殺されたり嫌がらせされたりすれば、難民は「我々は何のために祖国から逃げてきたのか」と思うだろう。そして、憎しみが憎しみを生むことになる。

 カネもかかる。メルケルは難民支援予算として2016年に60億ユーロ(約8000億円)追加する計画を発表したが、それを負担するのはドイツ国民だ。不満は蓄積する。

「難民が受け入れられてよかった」と美談仕立ての物語ばかりを報じるメディアは、そうした将来の課題に目を向けるべきだ。そろそろメディアも甘さを捨て現実を考えるべきではないか。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「移民の勧め」
総人口の移民割合 ルクセンブルク42.1%、米13.0%、日1.1%
落合氏「移民受け入れで仏は古き美しい町並み失いつつある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。