ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

谷崎潤一郎の自家用箋88枚の小説完全原稿 古書店で480万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 約160店の古書店が集まるなど、「世界一の本の街」と呼ばれる東京・神田神保町。そこには古今東西、様々なジャンルの本が揃う。普段は店頭に並ばない「お宝本」を巡った。

 ここで紹介するのは、谷崎潤一郎 『元三大師の母(乳野物語)』の原稿だ。価格は480万円(税込)となっている(八木書店)。

 昭和26年に雑誌『心』に掲載された小説。自家用箋88枚の原稿が完全に揃い、谷崎による興味深い推敲跡が多く資料価値も高い。

撮影■伊藤勝

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石田衣良や江國香織ら人気作家が人生を変えた経験を語る1冊
武井咲「嘘がない写真集」に大満足 自身のアイディアも盛り込む
ベテラン書店員が綴る 出版・書店業界の現状に迫るエッセイ集

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP