ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうPCの買い換え不要!?古いパソコンをChromebook化するクラウド型オペレーションシステム登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

学校教育では、情報化社会に対応し、年々IT教育が不可欠になってきた。

また、パソコンの性能の進化につれて、多くの教育機関では、定期的なパソコンの買い替えを余儀なくされている。

・旧式のパソコンも快適に使い続けられるOS

ニューヨークのスタートアップ企業「Neverware(ネバーウェア)」は、旧式のパソコンやMacを“Chromebook”のように変える、クラウド型オペレーションシステム「CloudReady(クラウドレディ)」を開発した。

Chromebookとは、オペレーションシステム「Chrome OS」が搭載されたパソコンのこと。すべての作業をブラウザ上で行うため、低スペックなマシン環境でも動作するのが特徴だ。

このようなChrome OSの上に構築されているCloudReadyをパソコンにインストールすると、Chromebookと同様、ブラウザを介して、GmailやGoogleドライブなどのウェブアプリを快適に利用できるようになる。

Neverwareでは、1台あたり年間25ドル、無期限59ドルで、CloudReadyのライセンスを教育機関に販売。

新しいパソコンを買い替えるよりも割安で、旧式のパソコンを使い続けられるのは、教育現場にとって魅力だろう。

・コンピュータ教育を支援するソリューション

職種を問わず基本的なコンピュータスキルが求められる現代社会において、情報技術を使いこなせる者と使いこなせない者との間に生じる”デジタルデバイド”は、深刻な社会的課題のひとつ。

誰もがコンピュータに触れ、必要なスキルを学べる機会を確保するためにも、CloudReadyのようなソリューションの果たすべき役割は、今後、ますます大きくなりそうだ。

Neverware

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。