ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DANCE EARTH PARTY 新作にMummy-D(RHYMESTER)参加「USAくんがEXILE卒業のタイミング……気合い入れなきゃ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 EXILE USAが企画するDANCE EARTHの音楽ユニット DANCE EARTH PARTY。11月25日に新シングル『DREAMERS’ PARADISE』をリリースすることが決定した。

 今作には、1989年のグループ結成以来、常に日本のHIP-HOPシーンを牽引してきたラッパーでプロデューサーのMummy-D(RHYMESTER)が参加。Mummy-Dと言えば、ジャンル外からの信望も厚く、椎名林檎、スガ シカオなど多くのアーティストの様々なジャンルの作品にプロデュース/客演で参加し、最近では革新的で意欲的な音楽活動を続ける一方で、ドラマ、CM、ナレーター、舞台役者など多方面で活躍している。

 実は、EXILE USAもそんなMummy-Dをリスペクトしてきた一人。彼のラップに乗せてダンスをしてみたいという想いを持ち続け、今回オファーしたところ、あっさりと快諾。それどころか、メンバーの顔合わせのタイミングからいきなりテキーラを飲みながら意見交換するなど、一瞬にして意気投合してしまったとのことだ。

 EXILE USAは「今回の楽曲は、「夢見る者たちの楽園」がテーマで、新たな夢に向かって旅に出る人たちへの応援ソングです! ココロ踊っていればいつでもパラダイスに辿り着ける、そんなワクワクする楽曲になっています。」と今回の楽曲に関しての意気込みを綴った。

 一方、Mummy-Dは「DEPよりコラボのオファーを頂いた時、嬉しくも正直意外でしたが、USAくんがEXILEパフォーマー卒業のタイミングだとは知っていたので、これは気合い入れなきゃいかんと肝に命じました。日頃は自分の思いを歌詞にぶつけているのですが、ダンサー、パフォーマー中心のプロジェクトでもあり、なんとか言葉にならない彼らの思いを代弁できないかと、イタコのような気分で作詞をしたのがとても新鮮でした! レコーディングでは、ふざけあったりしながらも、3人の音楽に対するピュアな情熱をビンビン感じました。結果、これから旅立とうとするすべての人への応援歌として機能する、メッセージ性の強いダンスミュージックになったんじゃないか? いや、なってるはずです! 短いヴァースに、持てるすべてを注ぎ込みました。というわけで …ムチャクチャ自信作です!!!」と、今回のコラボに対しての熱い想いを語っている。

関連記事リンク(外部サイト)

【深ヨミ】EXILE TAKAHIROとマルーン5、都道府県別売上げランキング
EXILE TAKAHIRO『牧場しぼり』CM曲&ATSUSHIプロデュースのZIGGYカバーMV解禁
EXILE SHOKICHI 映画『トランスポーター イグニション』日本版主題歌決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP