ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

僧侶4人に1人が読む『月刊住職』 DVや詐欺事件も掲載し話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国の僧侶の4人に1人が読んでいるという「業界ナンバーワン雑誌」がある。今年で創刊41周年を迎えた『月刊住職』だ。

「寺院住職実務情報誌」を謳っているが、その内容は実にジャーナリスティックだ。住職の痴情のもつれから寺院の詐欺事件まで、ディープな情報を掲載し、話題を呼んでいる。同誌を10数年欠かさず読み続けている群馬県の現役住職が語る。

「『月刊住職』は仏教界の“ゴシップ誌”ですよ。下世話な面白さがあるんです。大半の読者の目当ては、やっぱり他の寺の不祥事。名刹のスキャンダルが出たときは、寺内で回し読みしていますよ。檀家さんの前では、おおっぴらには読めない雑誌です(笑い)」

『月刊住職』(興山舎刊)は毎月1日発売、年間購読料は1万5000円だ。9月号(9月1日発売)の目次には、『首都圏開教のための大霊園の利権』『寺口座で誘う開運祈祷は詐欺か』『お布施の搾取と行方』など、何やら物騒なタイトルがズラリと並ぶ。同誌の矢澤澄道編集長がいう。

「全国で6万人といわれる住職の4人に1人が読んでくださっています」

 最近は踏み込んだ記事の内容が業界外からも注目されている。例えば“衝撃のスクープ”と銘打った『開運詐欺に複数の伝統仏教寺院や住職が加担しているのは本当か!?』(8月号)では、複数の真言宗系寺院が開運詐欺商法グループと結託し、先祖供養料名目などで一般人にカネを振り込ませたという疑惑を報じた。

 他にも住職や僧侶が起こしたDV、ストーカー事件を取り上げ、宗派ごとの対応を詳報するなど重厚な“調査報道”が少なくない。

 住職の実生活に根ざした記事も多い。『全国多数の月収10万円以下極貧寺院の住職はいかに生きてるか』(7月号)では、全国の寺院の3割が年収100万円以下である事実を紹介。檀家からのいただきもので毎食を済ませ、冷暖房をつけずに月8万円で暮らす専業住職の極貧生活を伝えた。「下流住職」ルポといったところか。

 特集内容は硬軟に幅広い。2月号では『“マッサン”寺院あり』と題し、高千穂の寺に嫁いだイギリス人女性僧侶の奮闘ぶりを報じた。当時、大ブームだったNHK朝ドラ『マッサン』の僧侶版である。

『お寺の将来も左右する結婚支援活動を必ず成功させる実践に学ぼう』(6月号)では、全国の寺院を舞台にした「婚活」を紹介。結婚を希望する男女の参加者が本堂に集い、良縁を願って般若心経を唱え、青年僧が引磬(いんきん)を「チーン」と鳴らすと席替えをする「寺コン」の模様をルポした。

 ほかにも『僧侶の女性関連凶悪事件続発の事実と宗派対応力』『ペットの安楽死は赦されるか』『絵馬も個人情報の保護が必要か』など、時事ネタに絡めたニュースが豊富だ。

 檀家減少に悩む住職が人集めのため、帽子から鳩を取り出すマジックを本堂で披露する姿や、檀家をもてなすイタリアン精進料理のレシピなど、寺と地域住民の繋がりを回復させるユニークな取り組みも常に紹介している。そんな同誌が最近、関心を寄せているテーマが「住職の高齢化」だ。

「これまで“住職は終身”とされていたが、高齢化で“住職の引退”が当たり前になった。最近は引退後に住職が迎える第二の人生や、死者を送る立場の住職が自身のがんなどとどう向き合うかなど、切実なテーマを積極的に取り上げています」

 41年の歴史のなかでは競合誌が現われることもあったが、いずれもいつしか消えていった。

「自分が住職なので、徹底した“住職目線”で雑誌を作っています。最近は一般読者も増えましたが、あくまで住職のための雑誌。今後も、この姿勢は変わりません」

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
柴又帝釈天 「御前様」の後継者をめぐり騒動が勃発していた
日本のお尋ね者【9】20~70代女性を毒牙にかけた鬼畜僧侶
お布施の相場 お経をあげてもらうだけの読経料は最低20万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP