ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecast 2とChromecast AudioがiFixitで分解される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイル・デバイスの修理やスペアパーツの販売を行っている米国の iFixit が Chromecast 2 と Chromecast Audio の分解レポートを公開しました。両モデルは Chromecast ブランドの製品ながらも使用用途や外観が若干違います。しかし、分解レポートによると、一部のパーツは共通のものが使用されているようでした。マザーボードは筐体の形状に合わせた円形状を採用しており、Armada 1500 Mini Plus デュアルコアプロセッサや Marvell Avasta の無線チップ(Wi-Fi、Bluetooth、NFC、FM ラジオ)、東芝製の 2GB ROM が共通して使用されています。大きく異る点としては、Chromecast 2 は 4Gb(約 500MB)の RAM を搭載している一方、Chromecast Audio の RAM 容量は 2Gb(約 250MB)と少ないところ。また、Chromecast Audio は「AKM AK4430 192kHz 24-Bit Stereo DAC」を搭載していることも判明しました。もしかすると、ハイレゾにも対応するかもです。Source : iFixit

■関連記事
Sony、2016年の業績によってはスマートフォン事業から撤退?
NTTドコモ、2015年夏モデル6機種の「月々サポート」適用金額を増額
Google、モバイルWEB体験を劇的に向上させる「Accelerated Mobile Pages」プロジェクトをローンチ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP