ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「iPhone6sは防水!?」噂を確かめてみた(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日発売されたばかりのiPhone6s(さらにはiPhone6s plus)。3D Touchスクリーンや12メガピクセルの超高性能カメラといった機能面に加え、「ひょっとして防水機能?」と、話題になっていることを知っていましたか?

水中でもなんなく作動
iPhone6sの新たな機能?

YouTubeをはじめ、動画投稿サイトには、大胆にも水の中にチャポンとiPhone6sを放り込み、そのまま放置。しばらく経って取り出してみると、なんの問題もなく使える。なんて動画が数多くあがっていますが…。こちらは、モバイル端末修理の専門家「 iFixYouri」のクリスさん。プロの視点から、この防水性の謎を解明していきます。

まずは、水を張ったシンクにiPhone6sのタイマー機能を作動しながらポチャ。そのまま待つこと2分少々。よーく、水気を切って取り出してみると、確かにタイマーは問題なく作動しています。さらに、投稿された動画を何度も検証し、これまでに発売されたどの端末よりも、iPhone6sが水に1時間以上浸かっていても問題なかった理由を突き止めるため、iPhone6s分解を始めました。

すると、液晶ディスプレイの筐体の裏にはぴったりとガラス盤が合わさるようにはめ込まれていました。単にネジで上下四隅を止めているだけではなく、内部は完全な密封状態になっていたのです。これなら、たとえ水が入ってこれたとしても、充電ポートやヘッドフォンジャック起動ボタンや、音量ボタンの隙間からくらいで、「内部基盤が水で損傷する心配はなさそう」との見解に。

とはいえ、発売元のAppleからは防水機能についての言及はありません。必ずしもトイレに落としたり、飲み物をこぼしても大丈夫というわけではありませんので、注意してくださいね。

Licensed material used with permission by iFixYouri

関連記事リンク(外部サイト)

便座に紙を敷いても、全くの無意味!意外と知らない「トイレの真実」
多機能すぎる「クーラーボックス」が登場!ミキサー、まな板、USB充電ポートや防水スピーカーまで・・・
サッと拭くだけ!スマホが「防水・防傷」になる液体って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP