ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元CAが教える、長時間のフライトでもキレイを保つ「4つの秘訣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長時間のフライトで疲れが溜まり、目的地に到着した時には見た目が酷いことに…なんてことはよくある話。でも、女性なら、いかなる時も美しくいたいものです。
それなら、今回紹介する4つの方法を試してみてはどうでしょう?11年の室乗務員歴を持つKaty Hull氏の意見を取り入れれば、気持ちよく目的地に到着することができるかも!?

01.
いつもより多めに
水分補給を!

水分補給は、健康な肌を保つ秘訣。フライト当日だけでなく、前日からカフェインやアルコールを制限し、普段より多くの水を飲むよう心がけましょう。
機内では、隣の座席に座っている人に断りを入れ、常にトイレに行きやすい環境を作っておくべき。大量の水を購入し機内に持ち込んでもいいですが、もし足りなくなっても、客室乗務員に頼めばいつでも持ってきてくれます。

02.
メイクはBBクリームで軽めに

ファンデーションを塗るのはやめて、保湿効果のあるBBクリームを使いましょう。機内では肌の水分が足りなくなり、シワの原因になってしまいます。もちろん、唇や手も同様。保湿効果のあるリップクリームやオイルを使うようにしてください。

03.
紫外線を侮るなかれ
スキンケアも怠らない

機内にいるからといって、日焼け対策をしなくてもいいと考えてはいませんか?実は高度が高いということは、その分、紫外線も強いのです。決して気を抜かないようにしましょう。
ちなみに、私は機内では、目の周りに少しクリームを塗るようにしています。そして、着陸前にももう一度。目の周りは乾燥しやすく、シワが目立ってしまうので注意が必要です。

04.
座ったままはNG・・・
できるだけ体を動かす

飛行中、ずっと席に座ったままでいるのはやめるべき。立ち上がって体を動かしましょう。血液の循環を良くすることで、深部静脈血栓症のリスクを下げることができます。機内を少し歩き、他の人と話したりしてリラックスしてください。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

今だからこそ気をつけたい!日焼け止めの正しい使い方
旅が人を賢くする「9つのワケ」。世界の出来事が、自分ゴトになる!
30代から圧倒的支持をうける『小さなスピーカー』、その4つの理由とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP