体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

船の名称の「〜丸」は法律で決まっている?

船の名称の「〜丸」は法律で決まっている?

Q.

 船舶の名称によく見られる「〜丸」という形式。

 さて、船の名称において、〜丸とつけるべきこと、つけなければならないことなどが法律で定められているでしょうか?

(1)定められている
(2)定められていない

A.

正解(2)定められていない

 かつては、「船舶法取扱手続」(明治33年逓信省公達第363号)において、「船舶ノ名称ニハ成ルベク其ノ末尾ニ丸ノ字ヲ附セシムベシ」という規定があったため、「〜丸」という名称が用いられるケースが多くありました。
実際、海外の船舶関係者から日本の船舶を一般的に「マル・シップ」と呼ばれるなど一般化していたという背景もあります。

 現在は、先述のルールも2001年の訓令改正で削除されており、そもそも「できれば丸とつけろ」というルールだったこともあり、「〜丸」以外の名前もよく見受けられるようになっています。

元記事

船の名称の「〜丸」は法律で決まっている?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。