ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私だけのペースをつらぬきたい。田中里奈さんの時間へのこだわり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人になるにつれて、難しくなってきたのが「時間の使い方」
しっかり仕事をこなすために効率よく予定を立てたいけど、これがなかなか上手くいかないもの。気づけばいつも「時間がない!」と、好きなはずの仕事なのに一杯いっぱいになってしまうことも……。
でも、目が回るほど忙しいはずなのに、仕事を楽しみながらいつも輝いている女性がいます。
現在、インスタグラムのフォロワー数がなんと23万人を超えるカリスマ読者モデルの田中里奈さんもそのひとり。自身のアクセサリーブランドや、さまざまな人気ブランドとのコラボアイテムも手がける多忙な田中さんですが、どのように時間をうまく使っているのでしょうか。
その秘訣を探るため、オンの日の過ごし方についてお話を伺ってきました。

しっかりイメージすることで撮影の時短に


雑誌『mina』、『SEDA』、『mini』など、数多くのファッション誌でモデルとして活躍する田中さん。可愛らしい大人カジュアルな着こなしは圧倒的な支持率で、私服コーデを披露する撮影も多いそう。多くの撮影を効率よく進めるためには、事前準備が欠かせないと言います。

「自分のなかで一度、イメージすることが大切だと思います。たとえばスムーズに着替えられるように着る順番で洋服を入れていくとか、小物は別で持っていくよりも、洋服の間に挟んでおくと忘れないな、とか。つねに時短を意識していますね」

撮影中の待ち時間はほとんどないものの、いつも時間を意識して仕事をしているという田中さん。そんな田中さんに紹介したかったのが、働く女性の大きな味方になってくれる腕時計、CITIZEN xCTITANIA LINE HAPPY FLIGHTです。

「劇的に軽いけど、見た目は重厚感がしっかりありますね。シルバーと組み合わせたピンクゴールドの色合いも繊細な女性らしいし、お洋服や指輪とかアクセサリーとの相性もよさそう。針の部分が白色になっていて、そこもすごく可愛い!」

と、細部へのこだわりにグッときたという田中さん。普段、腕時計はファッション的に利用することが多いそうですが、色合いやデザインも気に入ってくれたようです。

打ち合わせの効率アップは切り替えがカギ

センス抜群の田中さんだからこそ、自身のアクセサリーブランド「Latia」のプロデュースや、さまざまな人気ブランドとのコラボアイテムを多数手がけるクリエイティビティも魅力! 新商品の開発の時期は、毎日のように打ち合わせが入っているとか。

「たぶん私は全体的にせっかちなのかな(笑)。物事をダラダラ進めるのがイヤなんです。たとえば打ち合わせ中にみんなで『うーん、どうしよう……』となったとき、今悩んだところで状況が変わらないなら『だったら、○○日までにこの資料を用意して、改めて話しませんか』みたいな提案をよくしますね」

そんな思い切った切り替えも効率よく時間を使うためのポイントのよう。この日は朝6時半起きでスタジオに来てくれた田中さんですが、昨夜の就寝時間を聞いてみると、なんと夜中の3時! それでもブログやインスタグラムなどをマメに更新して、スキマ時間をうまく活用しているのは、本当にすごいこと。

「1日にいろいろなできごとが起こるので、『あれもこれも書かなきゃ……』ってためておく方が逆にストレスになるんです。更新する時間も意識していますね。本当に見てもらいたいものは、朝、みんなが通学や通勤をする時間にアップします。それから、夕方以降の20時、21時あたりは見てもらえる頻度が増えるなと感じます」

ブログやインスタグラムの更新のため、スマホを手にしていることが多いという田中さん。時間も腕時計よりスマホで確認することが多いそうですが

「スマホだと他のことまで気になって集中できないこともあるので、普段からサラッと腕時計を身につけられる女性になりたいです。ちょっと背筋が伸びる自分を演出できる感じ」

と、笑顔で語ってくれました。女性らしい「TITANIA LINE HAPPY FLIGHT」がとてもお似合いです。

「3秒ルール」で面倒なことも解消


アイテムのデザインやコーディネート決めなど、田中さんは自宅での作業も多いそう。自宅作業ってどうしても気が緩んでしまいがちですが、効率を高める秘訣はあるのでしょうか。

「面倒なことは考える前に手をつける、っていう『私テキ3秒ルール』があるんです。たとえば洗い物をしなきゃいけないとき、人間の脳みそがそれを面倒だって感じるまでに3秒から5秒くらいかかるらしいんです。だからそう感じる前にパッとやってしまうと、意外とどうってことなくできます。以前は、丁寧にやりたいから時間があるときにじっくりやろうと思って後回しにしたのに、結局時間がなくてギリギリに『あー!』ってなることがよくあったんですけど(笑)」

たしかに、ちょっと面倒な仕事の電話やメール連絡、銀行振り込みなども、後回しにすればするほど精神的負荷が増すもの。なるべく考える前に秒速で、ササッと手をつけてしまうのが大切なようです。
また、パソコンでの作業も多いという田中さん。「TITANIA LINE HAPPY FLIGHT」は、傷がつきにくい「デュラテクト」という加工がしてあるので、作業中も安心して使えます。

「働く女性にいいですね。時計って何本も持たないと思うので、このデザインならビジネスシーンにも普段使いにも合うから実用的!」

とのコメントをいただきました。

アクティブに働きたい女性の強い味方


TITANIA LINE HAPPY FLIGHT EC1034-59W 58,000円(税抜)
今回、田中さんに着用していただいた「TITANIA LINE HAPPY FLIGHT」は、洗練されたデザインはもちろんのこと、軽くて丈夫なうえ機能性も充実しているので、さまざまなシーンで活躍しそう。
軽さの秘密は、ステンレスの半分の重量を叶えたチタン素材を使っているから。肌にやさしい素材なのもうれしいポイントです。薄型でフィット感がよく、傷がつきにくいシチズンだけの「デュラテクト」加工を施しているので作業中もビクビクせずに使えます。
また、定期的な電池交換や時刻合わせをする必要はありません。太陽や室内の光で充電できる「エコ・ドライブ」搭載なので、電池交換なしで使えます。そして、日付や時刻は電波を受信して自動調整。どんなときも、正確な時間を刻み続けてくれるのは頼もしいところです。
さらにワールドタイム機能を搭載しているので、海外(中欧米)の時刻にも自動的に調整してくれます。操作はとても簡単で、りゅうずを一段引いて、文字板に記された都市名に秒針を合わせるだけ。海外出張が多い人や、海外旅行が好きという人にぴったりです。
田中さんも「えーすごい! 撮影で海外に行くことも多いので便利ですね」と、「Paris」や「London」と書かれた文字板に見入っていました。

自分のペースで、今の自分にしかできないことを


つねにアクティブな田中さんですが、人それぞれのペースが大切だと思っているそう。それに気づいたのは大学時代とか。

「睡眠時間は1日2、3時間で、周囲の友達に休んだ方がいいと心配されたんです。無理やり1週間に1回休むことにしてみたら、逆に体調を崩したり『今日1日あればアレもコレもできたのに何してるんだろう……』って精神的にツラくて。そのとき『あ、人それぞれのペースは違うんだな。誰に何を言われようと自分のペースでやればいいじゃん』って気づいたんです」

働き方も休み方も、気持ちのバランスがとれるペースは人それぞれ。そんな田中さんのモットーは「その時、その瞬間にしかできないことをすべてやり尽くして歳を重ねていくこと」。

「いまの28歳の私でしかできないことをめいっぱいやりたい。そのためには時間が大事だなって思います。すべてにおいて人類みな平等なものって、時間しかないと思っていて。人間って80年生きても30年寝ているんですよ! すごくないですか。だからって睡眠時間を削るのではなく、起きている時間をどう使うかで1年の経験値が違うと思うんです」

キャンプや山登りなどのアウトドアのほか、料理をすることも大好きという田中さん。「今」という一瞬一瞬を大切にしながら、楽しんで進んでいく姿にたくさんの元気とハッピーをもらえました。
田中里奈(たなか・りな)
青文字系ファッション誌で活躍するカリスマ読者モデル。モデル業のほか、さまざまな企業やブランドとのコラボやプロデュースを手がける。アクセサリーブランド「Latia」のプロデューサー。
Editor’s Comment
撮影中の田中さんは、手元の所作がとってもキレイだったのが印象的でした。軽やかながらも丁寧な動きは、田中さんの仕事への姿勢を物語っている気がします。その人の「ひととなり」があらわれる手元の所作。だからこそ、大人の女性としては気を抜きたくないところ。名刺交換やお客様へのおもてなしなど、ビジネスシーンの所作を洗練させる「手元美人」の作法はこちら。>>「xC 手元美人」
photo by 田所瑞穂 text by 水野久美
CITIZEN xC


(グリッティ)記事関連リンク
単純な心理学でも、まとめて応用すれば彼をオトせる
失敗しても大丈夫。落ちた気分を整える方法
今日は帽子をかぶる? 帽子ありなしの決め方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP