ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初入閣の丸川珠代氏 党内「女の戦い」では稲田朋美氏優勢か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍政権が掲げる「女性が活躍する社会」。党内でも、“活躍の場”を巡って、バチバチと火花が飛び交っている。

 今、最も注目されている女性議員が、衆議院議員の稲田朋美氏(56才)だ。稲田氏は福井選出、当選4回ながら、内閣府特命担当大臣、自民党政調会長など“異例の大抜擢”で、華麗な経歴の持ち主。その裏に、安倍晋三首相の“かわいがりがある”と永田町ではもっぱらの評判なのだ。

「2005年、稲田さんを選挙に推薦したのが安倍さん。以来、安倍さんは稲田さんの“後見人”を自負しています。稲田さんは、大臣時代も靖国神社に参拝するなど、安倍さんと思想が近く、最近では、“ポスト安倍”“初の女性総理”という話が出るほど」(全国紙政治部記者)

 稲田氏はその政治姿勢だけでなく、「網タイツ」と「メガネ」も大きな武器。ちなみにメガネは地元・福井の特産品で、“だて”との噂。そんな“稲田スタイル”は、永田町、霞が関で大人気だ。

「稲田さんの愛称は“ともちん”“ともちゃん”で、官僚からも気に入られている。“甘え上手”で、政策や法案でわからないことがあると、重鎮議員や官僚に“教えてください”と聞きに行く」(政治ジャーナリスト)

 そんな安倍首相の“寵愛”に、参議院から“待った!”がかかった。

「これまで、安倍さんと“相思相愛”といわれてきたのは、参議院議員の丸川珠代さんです。こちらも安倍さんが口説き落として議員にした女性。元アナウンサーで知名度も高く、発言や行動が目立つことから自民党の“広告塔”的な役割を果たしてきました。といっても、彼女は参議院議員。厚生労働委員長としての役目はしっかり果たしていましたが、稲田さんとはレベルが違います」(前出・政治部記者)

 そんな丸川氏だが、今回の内閣改造では環境相のポストで初入閣を果たした。

 ちなみに、丸川氏といえば、赤と白を基調にしたファッションがトレードマーク。これは、風水を参考にしているとか。メガネVS風水の戦い。最終的に安倍さんのおメガネにかなうのは、さて?

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元共産党議員 与党復帰睨み総裁選に出た安倍氏は世渡り上手
元共産党幹部 大自民党の元総理がポッと出政党になぜ媚びる
丸川珠代 三原じゅん子の自民党内での台頭に愚痴をこぼす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。