ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ありがとう」が言える子供に育てる5つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法を「mindbodygreen」に紹介しています。彼女の原文から、日本のパパママたちも共感しやすい5つをピックアップしてみました。

01.
子供の“好き”を遠ざけ
新たな発見の機会を与える

子供が好きなおもちゃや食事ばかりを与えて、最新のスマホを持たせる。そうすることで、いつしかそれが当たり前と子供は感じるようになってしまいます。新しいものに興味を持たせるため、家族での会話を増やすことを心がけましょう。
外食を止めたり、テレビを制限することで、子供たちは最初こそ「快適じゃない」と感じるでしょう。それでも、毎日続けることで、今まで感じたことのない、家族への感謝を理解するように。同時に、好きなものに囲まれていない人たちの気持ちもにも、共感する心が芽生えてくるはずです。

02.
予期せぬ状況でも
楽しみを見出す
“ゆとり”を学ばせる

渋滞にハマったり、楽しみにしていたサッカーの試合が雨で中止に。世界の終わりのように落ち込む子供たち。そんな時は、困難な状況の中でも希望を見出すことを学ぶチャンス。
逆境にあっても、どこかにあるよい面に目を向けることです。例えば、「今週末は仕事で遊びに行けないけど、来週は連休ができるから、いっぱい遊べるね」とか、「土砂降りの雨のおかげで洗車の必要がなくなったね」といった具合。
望まない状況でも、どこかに「新たな学びや発見がある」ことを伝えるのです。人生でどんな予期せぬことが起こっても、不満を口にせず、受け入れる力量が備わるはずだから。

03.
「こんなとき、どうする?」
自分で考えて、答えを
導き出す喜びを与える

感謝の気持ちを身につけさせる、最も効果的な手段のひとつは、現状を把握させて、子供に自ら考えてもらうこと。
家族との会話の中で、子供に「こんなときはどうする?」といった質問を投げかける。例えば、「ご飯を食べたいのに材料がなかったら?」「家の中に寝る場所がなかったら?」「病気になってもお医者に行けなかったら?」など。説教になってはいけませんよ。あくまで、子供に考えさせること。子供たちは、自分がどれだけ恵まれた環境で生活しているかを、きっと理解できるはずです。

04.
嬉しかったことは、
その場ですぐ相手に伝える
クセをつける

日々の暮らしの中で、子供に感謝の気持ちを実感して欲しいと望むなら、あなたが親として成長する必要があります。毎日関わり合う人たちに対する、前向きな気持ちや態度で感謝を示す必要があります。スーパーのレジ係だろうと、ウェイターだろうと、感謝の気持ちを躊躇ってはいけません。
さらに、感謝は具体的に。例えば「卵を上にしてくれてありがとう」「美味しい料理をありがとう」ほんの些細なことでもOK。これだけでも、子供たちが感動し、自分もとマネするようになりますよ。

05.
「しなければ」→「できる」
逆転の発想で
感謝の裾野が広がる

感謝の気持ちの中で、大人である私が得た大きな教訓。それは「しなければならない」を口にする代わりに「することができる」を使うようにしたこと。例えば、「学校まで子供をおくることができる」「サッカーの試合を観にいける」といったように。些細なことだけど、この逆転の発想が、日常のイライラも感謝の気持ちへと変えてくれる。
そして、最もいい点は、「子供と一緒に何かができる」ということを聞いた子供たちが、自分の価値を認識し、子供と同じ目線に立って感謝できるようになること。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

意外と忘れがち。3歳の愛娘が教えてくれた「人生を楽しむ10のコツ」
後悔する前に、両親に伝えたい8つのメッセージ。「2人は私のヒーローです」
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP