体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

つくるのに半年かかる「18万円」のサンドイッチ(動画あり)

生活・趣味
195-15010-01010122015-10-07 14.51.44

一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。

th_スクリーンショット 2015-10-07 14.12.37

すべて自家製
18万円のサンドイッチ!?

なぜ18万円もするの?と疑問の方。実は、サンドイッチの材料をすべてゼロから作ったために高くなってしまったのです。トマトの種を植えることにはじまり、養蜂場ではちみつを採取したり海水から塩を作ったりと、かかった期間は6か月。
ここからは、サンドイッチが完成するまでの無謀な企画を紹介します。味の感想は、記事の最後に。

01.
野菜を育てる!
まずは種を植えることから

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.34.08

ゼロからのサンドイッチ作りを提案したのは、Andy Georgeさん。この企画は、トマトや玉ねぎなど、材料となる野菜の種を植えることからはじまります。

02.
海水から
塩を取り出す

th_スクリーンショット 2015-10-07 16.40.16

海から海水を汲み上げ、その水を沸騰させて塩を取ります。塩を飛行機で運ぶ時は、ちょっと怪しまれそうですが…。

03.
自家製ピクルスをつくる

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.38.50

メイソンジャーにきゅうりと塩水をいれて沸騰させ、少し寝かせてピクルスを作ります。

04.
手しぼりで牛乳を採取

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会