ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マルーン5、CNBLUEとアヴィーチーとの三つ巴を制し連覇達成! 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルバム複合チャート“Hot Albums”第19回目は、マルーン5の初となるオールタイムベストアルバム『シングルス』が今週も大混戦となったHot Albumsチャートを制し2週続けての1位となった。

 『シングルス』は、日本でも高い人気を誇るマルーン5の代表曲を網羅したベストアルバム。9月25日リリースの作品で、今週はセールスで6位、デジタルで2位とデジタルが大きくポイントを稼ぎ連覇を達成した。そして、『シングルス』と大接戦となったのが2位のCNBLUE『colors』と3位のアヴィーチー『ストーリーズ』。『colors』は、セールス1位となったが他の指標でうまくポイントを積み上げることができず総合2位。『ストーリーズ』は、セールスではポイントが振るわなかったが、デジタルが1位となり総合3位にチャートインした。『シングルス』と『ストーリーズ』のポイントの動きを見ていると、洋楽作品はデジタルでポイントを稼ぐ傾向にあることがわかる。

 ロングヒットとなっているDREAMS COME TRUEの『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』は今週4位。セールス、デジタル、ルックアップそれぞれでバランス良くポイントを伸ばして今週も上位をキープした。今週はTOP10内に初登場タイトルが7つ入っており、新しい顔が並ぶチャートとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

10月12日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
サカナクション「新宝島」、西野カナとE-Girlsを押さえ、ビルボード総合首位獲得
アイマス「Dreaming!」がビルボードアニメチャート1位 上位3曲が全て新曲の波乱週を制す

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP