ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辻井伸行ベストアルバム『THE BEST』が第1位、他全5枚のアルバムが同時チャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、ピアニスト辻井伸行による『THE BEST』が22回目のチャートインを記録した。2010年~2013年に録音した音源の中からセレクトしたベスト・アルバムとなっている。さらに、5位に『ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ・リスト!』、11位に『debut』、18位に『神様のカルテ ~辻井伸行 自作集』、20位に『辻井伸行 印象派コレクション~テレビ東京「美の巨人たち」テーマ収録』と5枚のアルバムがチャートイン。9月28日放送のテレビ朝日系列『Qさま!! 特別編・葉加瀬太郎の音楽ハカセ』3時間スペシャルに出演し、注目が集まっている。

 第2位はチェコの名指揮者カレル・アンチェルの33枚組ボックスが初チャートイン。Veniasによるアンソロジーの第13弾で、パブリック・ドメインとなった1964年録音までのアンチェルの代表的な録音がまとめられている。原盤はスプラフォン、エテルナ、ドイツ・グラモフォン、フィリップス、ターラ、プラハと多岐にわたる。首席指揮者を務めたチェコ・フィルとの共演が最も多く、他ベルリン放送響、ウィーン交響楽団など。

 第3位はヴァイオリニスト宮本笑里がリリースした3年半ぶりのニューアルバム『birth』で、3週連続のチャートインを果たした。宮本が作曲したタイトル曲「birth」をはじめ、クラシック楽曲はもちろんのこと「Time To Say Goodbye」「リベルタンゴ」「星に願いを」「ニュー・シネマ・パラダイス 愛のテーマ」など、多彩な楽曲が収録されている。10月2日から『birth』収録曲中心のプログラムにて、ピアノトリオでの全国ツアーが開始されている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

10月12日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
サカナクション「新宝島」、西野カナとE-Girlsを押さえ、ビルボード総合首位獲得
マルーン5、CNBLUEとアヴィーチーとの三つ巴を制し連覇達成! 

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP