ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: オミー 2015年夏の大本命曲「チアリーダー」含むデビューAL『Me 4 You』が遂にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年夏、全世界で最も聴かれ、この夏を代表する1曲となったのは、オミーの「チアリーダー」だろう。デビュー曲にして各国でNo.1を獲得する大ヒットを記録、ビデオの視聴回数は累計3億回を突破し、秋本番を迎えた今でも、人気の衰えを感じさせない。その「チアリーダー」に続いてリリースされたのが、2ndシングル「フラフープ」。ピアノのイントロとホーンが涼やかな風を運ぶ、フュ―ジョンタイプのレゲエ・ソングで、さらにキャッチーなクラブチューンに進化を遂げた。

 さらにこの秋、立て続いてリリースされた「ステア・イット」は、前2曲のイメージを払拭し、最近のチャートでみる、ザ・ウィークエンドやジェイソン・デルーロあたりを意識した、R&Bソングに仕上がっている。デビュー曲のインパクトが強かったこともあり、“オミー=レゲエシンガー”というイメージは拭えないかと思いきや、こういった今風のナンバーも柔軟に熟し、さらにリスナーの幅層も広げたのではないだろうか。

 その、先行シングル3曲を含む、オミーのデビューアルバム『Me 4 You』が、いよいよリリースされる。アルバムには、スウェーデンの人気DJ、アーロンチュパや、ジャマイカ人パフォーマーの代表格、ビジー・シグナル、スウェーデンのポップシンガー、エリック・ハッスルなど、バラエティに富んだゲスト陣が参加していて、マイアミのサウンドのみならず、UKのダンストラックやR&B、ヒップホップ感覚のナンバーも、期待できそうだ。

 ジャマイカ出身、この9月で29歳をむかえたばかりのオミー。30歳手前にして、アメリカンドリームを掴んだこの1年は、彼にとって大きな変化をもたらしたことだろう。しかし、ミュージシャンとして、たった1年で“1発屋”で終わるわけにもいかない。特にレゲエシンガーは、第一線で活躍していくことが、なかなか難しいポジションではあるが、ダンスホールからR&Bシーンへ移行した、リアーナのようなケースもあるわけで、オミーも本作で大化けし、新たなステージに進んでいくことを期待したい。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『Me 4 You』
オミー
2015/10/28 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: ロス・ロボス 40年に渡り第一線で活躍し続けるラテン・ロック親父たちの守りを感じさせない攻撃的な意欲作
レディー・ガガ、映画『Gypsy』に出演か? ジョン・トラボルタが吐露
ジャスティン・ビーバー、発売日をぶつけてきたワン・ダイレクションに余裕のコメント

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。