ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神奈川紅葉名所!大人な秋の箱根、鎌倉、横浜の紅葉スポット巡り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の気配が感じられる10月。葉の色付きが気になってくる季節ですね!
そこで、今回は都内からも気軽に行ける箱根、鎌倉、横浜の紅葉スポットをご紹介します。よく知られているけど、紅葉が有名なの?というものから、ちょっと通な穴場まで、大人な秋を満喫できるスポットを選り抜きました。

紅葉のシーズン真っただ中になって慌てる前に、チェックしておきましょう!今年は、山を彩る紅葉と心地よい秋風に包まれる、ちょっと大人の紅葉狩りを楽しみませんか?

箱根美術館(箱根町強羅)

箱根といえば、まずはココ!造形美に宿る圧巻の紅葉


200本の紅葉が色づき、目を奪われます

箱根で最も歴史のある美術館「箱根美術館」は、日本のやきものを中心に展示しています。歴史を感じる展示物も素晴らしいですが、こちらの庭園も有名です。

花の時季はもちろん、秋の紅葉も必見!国の登録記念物となっている「神仙郷」では、紅葉の時期になるとモミジが一斉に色づき、深紅の紅葉と苔が織りなすコントラストが、まさに日本の美を感じさせます。自然が織りなす迫力のある紅葉とは違い、丁寧に造園された繊細な美しさがあります。 箱根美術館
TEL/0460-82-2623
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
入館料/大人  900円 前売り 800円
高大生 400円 前売り 350円
中学生以下 無料
「箱根美術館」の詳細はこちら

蓬莱園(箱根町小涌谷)

箱根の隠れた紅葉の名所で、ゆるりと楽しむ、静謐


隠れた紅葉の名所!のんびり散策できます

大正の始め、三河屋旅館の主人によって開かれた、つつじで有名な「蓬莱園」。実は隠れた紅葉の名所でもあります。もとは三河屋旅館の庭園でしたが、現在は箱根町の管轄なので、無料で入園できるのというのも魅力。混雑も少なく、ぜひ立ち寄りたい紅葉穴場スポットです。

多くの文人墨客にも愛された三河屋旅館は、創業明治16年の歴史と伝統のある宿。クラシカルで優雅な雰囲気のお部屋から、蓬莱園の紅葉を堪能できるので、こちらもオススメです。 蓬莱園
TEL/0460-82-2231
住所/神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷503
入園料/無料
「蓬莱園」の詳細はこちら

長安寺(箱根町仙石原)

羅刹さまと箱根の古刹で味わう紅葉、ああ、艶やか


静かなたたずまいに染みいるような紅葉(写真提供:箱根ナビ)

静かなたたずまいに、しっとりと色付いた紅葉が趣深い、古刹「曹洞宗 長安寺」。創建は1356年と古く、凛とした空気に混じる濃密な秋の匂いを感じることができます。
美しい境内や風景はもちろん、それぞれに違う表情で、喜怒哀楽に富んだ五百羅漢も見る価値あり!

イチョウやモミジ、竹林などに抱かれるように点在している五百羅漢の石仏ですが、現在までに安置されているのは、実は総勢200体ほどとのこと。あれ、500体ないのかな?と思ってしまいますが、この羅漢さまの建立は現在も進行中なんです。

散策がてら、これからも増え続ける羅漢さまの中から、自分にそっくりな表情を探してみるのも楽しいかもしれませんね。 長安寺
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原82
「長安寺」の詳細はこちら

足を延ばして、ちょい旅プラス!

箱根近郊には他にも紅葉スポットがいっぱい!
いずれも車で小1時間~1時間半程度なので、箱根帰りに、ちょっと足を延ばして紅葉巡りをするのもオススメです。箱根とはまた違った紅葉を楽しめますよ。

ユーシン渓谷(足柄上郡山北町)


渓谷を渡る川と紅葉の美しさは格別!

神奈川県西丹沢の玄倉川上流にあるユーシン渓谷。底まで見える透き通った川はエメラルドグリーンに輝き、その水面に映る紅葉は必見です。まさに自然に息づく紅葉を見ることができます。 ユーシン渓谷
TEL/0465-75-3646
住所/神奈川県足柄上郡山北町
「ユーシン渓谷」の詳細はこちら

丹沢湖(足柄上郡山北町)

丹沢湖はレジャーもいっぱい!

丹沢湖は、自然の環境を大切にした人造の湖。湖畔からは折り重なるような山々の紅葉とともに、富士山が望めます。湖畔にはボート、サイクリング、釣り、キャンプなどレジャーも充実しているので、箱根の帰りにさらにもう1泊したくなるかも? 丹沢湖
TEL/0465-75-2717
住所/神奈川県足柄上郡山北町
「丹沢湖」の詳細はこちら

鶴岡八幡宮(鎌倉市)


小川にかかるモミジが雅やかな雰囲気

言わずと知れた鎌倉の名所「鶴岡八幡宮」。サクラの時季ににぎわいますが、紅葉も見事です。さらに2010年3月に倒れ、移植された大銀杏の若芽が、可愛らしく黄葉している様子も是非見たいところ。 鶴岡八幡宮
TEL/0467-22-0315
住所/神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
「鶴岡八幡宮」の詳細はこちら

三溪園(横浜市)


紅葉の聴秋閣。情感あふれる、どこか懐かしい風景

生糸貿易で財をなした実業家・原三溪により公開された「三溪園」。

面積18万平方メートルという広大な日本庭園には、17の歴史的な建造物が巧みに配置されていて、それだけでも見る価値があります。古建築と和の紅葉の美しさが相まって、いにしえの日本にタイムトリップしたような感覚に。 三溪園
TEL/0455-621-0635
住所/神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
入園料/大人(中学生以上) 500円
こども(小学生) 200円
「三溪園」の詳細はこちら
※この記事は2015年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

今年も開催!代々木公園「九州観光物産フェア2015」見どころ3
大自然!奥飛騨温泉郷の「平湯温泉」で紅葉&温泉を満喫【岐阜】
秋の鎌倉♪鎌倉通に聞いた!おすすめ紅葉を楽しめる寺社7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP