ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三日月と金星が夢のコラボで大接近!10月8日早朝に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに!?

月・火星・木星・金星、
さらには水星も!
明け方の空に豪華そろい踏み

今秋の天体は、明け方の東の空がとにかくゴージャス。月と金星、火星、木星がほぼ同位置に集合し、日ごとにその並びが変わります。さらには水星まで近づいてくるというから、まさにパレード状態。望遠鏡の出番は、まだまだこれから。

三日月と金星が
夢のコラボで大接近
(10月8日)

夜がまだ明け切らないうちから、細くなった月と金星のコラボレーションが東の空で楽しめます。また、「Space and NASA News」によると、金星の横にしし座の一等星レグルスも並ぶ瞬間が訪れ、豪華な夜空の共演になると紹介しています。オーストラリアやニュージーランドでは、月と金星が重なる金星食を観測することができるんだそう。

明け方の空に
火星と木星の共演
(10月18日)

こちらも未明から明け方にかけて、東の空から徐々に木星と火星が近づいてきて、最接近するのが7時40分ごろ。さすがにこの時間では空が明るすぎて見ることはできないけれど、近づいていく様子は早起きしてチェックしましょう!

木星と金星が大接近
“明けの明星”が2つ!?
(10月26日)

さらに高度を上げていく木星、今度は金星へと近づいていきます。そのピークが10月26日。肉眼でもはっきりと捉えられる一度に、2つの明けの明星を楽しむことができるようです。この木星と金星の大接近、さらには火星を加えた「この3つの惑星のそろい踏みが次回見られるのは2021年」だと「EarthSky」は、今回のレアな天体ショーを盛り上げます。

秋の深まりとともに、互いに身を寄せ合うようにして近づいてくる、月と4つの惑星。陽が昇る前にベッドを抜け出して、天体のパレードを楽しんでみてはいかがでしょう?
ちなみに、今年のオリオン座流星群がピークを迎えるのが10月21、22、23日の三日間。運が良ければ1時間に30個ほどの流星が見えるかも!?

 Reference:Space and NASA News , EarthSky

 

関連記事リンク(外部サイト)

山火事から脱出する際に撮影された映像が怖すぎる・・・
「ビール」でごはんを炊いたら絶品だった。(動画あり)
職人も全員メガネ!「メガネ専用」の日本酒がSNSで話題に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP