ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外国人「日本人がビックリするとショック~! とか言うけど誤用だし海外じゃ通じないから(笑)」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

悲しいことがあったり、驚くことがあったり、失敗したことがあると、日本人の多くは「ショック~!」と言いますよね。特に女子が言う傾向にあるのではないかと思いますが、実はこれ、外国人にはまったく通じません。

・何言ってんだ!? 頭がオカシイ
「ショック~!!」と言っている日本人がいたら、外国人は「感電でもしたのか!?」「誰か感電死したのか!?」と思ってしまいます。精神的なダメージではなく、電気や金属などから物理的なダメージを受けたと思うわけです。場合によっては「何言ってんだ!? 頭がオカシイ」と思われる可能性もあります。

・英語でも日本語でもおかしくない使い方
もし海外で衝撃を受けたときに表現したいならば「i didn’t expect that!!」になります。日本においても「ショック」という言葉を使わず、英語でも日本語でもおかしくない使い方をしたほうが良いですね。

・海外での英語生活を視野
「日本では通じるからそれでいいんだよ」という考え方もありますが、海外での英語生活を視野に入れている人は、日ごろから正しい表現を心がけたいですね。

https://youtu.be/Q0oWXhPl_N0

執筆: 英語でひもとく男女関係サイト『Listn.me』

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/07/shock/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。