ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香西かおり、自らのルーツを見つめ直すリラックスアルバム「Moody Blues」発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香西かおりが、自らのルーツを見つめ直すリラックスアルバム「Moody Blues(ムーディーブルース)」を12月9日に発売することが決定した。

大人のムード歌謡、ブルースから民謡まで。香西かおりのルーツとも言える音楽を、気の置けないミュージシャン仲間とリラックスした雰囲気の中で奏でた音楽達。大ヒット「とまり木夢灯り」の新バージョンも収録。

演歌歌手として広く知られている香西かおり。実は人知れず演歌とは違う世界でも生きてきたシンガーである。民謡の世界からスタートし、演歌界の巨匠聖川湧を師匠とした香西は、実は玉置浩二他のアーティスト系作家とも深い交流をもち、また、村上PONTA秀一、仙波清彦、清水興、久米大作、山岸潤二、バカボン鈴木など日本の音楽シーンを支えてきた多くのミュージシャンとも交流が深い。これらのミュージッシャンと長年、LIVEセッションを繰り返し、共に数々のカバーを唄い、時間を共有し、「無言坂」など自身の代表曲もバンドスタイルで披露してきた。大人の音楽を気の置けないミュージシャンたちとリラックスして奏でてきた香西かおりの音楽人生そのものをマスターに刻もうという企画されたのがこのアルバムである。

タイトルの「Moody Blues」の通り、ブルースから民謡まで多彩だ。「時代は今、“大人のムード歌謡”を必要としている」(富澤一誠氏)と言われる今、香西かおりのルーツとも言える音楽を、気の置けないミュージシャン仲間とリラックスした雰囲気の中で奏でたアルバムが仕上がった。

リリース情報
アルバム「Moody Blues(ムーディーブルース)」
2015年12月9日発売
UPCY-7074 3,000円+税

参加予定ミュージシャン
村上PONTA秀一(Drums)、仙波清彦(Percussion)、清水興(Bass)、久米大作(Keyboard)、山岸潤史(Guitar)民謡界の巨匠、木乃下真市(三味線)他

収録予定曲
「ステージシンガー」(オリジナルシンガー:白季千加子)
香西がかつて自身のコンサートで披露していた楽曲。若い頃の香西の歌への思いが伝わる。
「アカシアの雨がやむとき」(オリジナルシンガー:西田佐知子)
いわずと知れた名曲。数々のアーティストがカバーしてる中で参加ミュージシャンから絶賛された楽曲。
「VAYA CON DIOS」
江利チエミが日本語でカバーし大ヒットしたこの楽曲。もちろん日本語でカバー予定。
60年代の音楽への熱き思いが蘇ります。
「津軽あいや節」
津軽三味線の巨匠、木乃下真市氏と山岸潤二他とで奏でるこの曲は香西の原点と今を融合させる楽曲。
「無言坂」
山岸潤史、有山じゅんじ、仙波清彦らと共に多くのLIVEでも披露してきた自身の代表曲
「とまり木夢灯り」
香西かおりの最新シングル曲。シングルのムードとはガラッと変わりブルース色が強くなっている。
「気分を変えて」(オリジナルシンガー:山崎ハコ)
「プカプカ」(オリジナルシンガー:西岡恭蔵)他

関連リンク

ユニバーサルミュージック 香西かおりhttp://www.universal-music.co.jp/kouzai-kaori/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP