ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋のコンビニプリン対決!セブンのパンプキンプリンVSナチュロの安納芋プリン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の味覚を堪能できる、季節ならではのスイーツ(*´ω`*)
本日のテーマは、セブンイレブンの「なめらか濃厚パンプキンプリン」とナチュラルローソンの「安納芋の濃厚ぷりん」でございます。

どちらも「濃厚」を謳っていますが、セブンは「洋」で、ナチュロは「和」。
ベクトルは逆向き(/・ω・)/←→
できばえが気になります!
食べくらべてみることにしましょう。

 

ハロウィン限定!セブンの「なめらか濃厚パンプキン」は、カラメルのほろ苦さが利いてる♪

セブンイレブン「なめらか濃厚パンプキンプリン」(税込200円)

濃厚な味わいのかぼちゃプリンです。風味良く、鮮やかな色あいのかぼちゃを使ったプリンの上に、口どけなめらかなホイップクリームを絞り、ほろ苦いカラメルソースを組み合わせました。

毎年ハロウィンシーズンに販売される、セブンイレブンのかぼちゃプリン(・∀・)

またこの季節が巡ってきたのね…と1年ぶりの再会を喜びます。
この丸っこい小ぶりな容器と、かぼちゃのシールも、もうお馴染みです♪

栄養成分は、184kcal、蛋白質4.0g、脂質3.5g、炭水化物34.1、Na43mgとなっています。

底にはカラメルソースが隠れているみたい!

鮮やかなオレンジ色のプリンに、ちょこんと載ったホイップクリームが可愛い(*´ω`*)

「もっとたくさん乗っていたらいいのになぁ」

と毎年思うけれど、あえて少量の方が、主役のかぼちゃが引き立ってよいのかも?

かぼちゃプリンは濃厚で、相変わらず美味しい!

とろける系のプリンではなく、もったりした、ほどよい固さ。
かぼちゃを潰したときの独特のざらつき感があり、ホクホクとかぼちゃの甘みが感じられます。

底にはサラサラのカラメルソースがたっぷり。
かなり苦みが利いた濃厚なカラメルソース。

かぼちゃの甘みに良いアクセントになって、これまた美味しい。

1年ぶりに食べると、改めてやっぱり美味しい(´艸`*)
かぼちゃ本来の味を求めるなら、やっぱりセブンイレブンが一番!

かぼちゃ好きの方には、ぜひおすすめしたいプリンです。

 

ねっとりあま~い!和の雰囲気漂うナチュロ「安納芋の濃厚ぷりん」

続いては、ナチュラルローソンの「安納芋の濃厚ぷりん」(税込 245円)

安納芋の特徴であるねっとり感が感じられるプリンです。芋ようかんのようにお芋の風味が楽しめる商品です。和の雰囲気を演出するために、黒ゴマをトッピングし、商品名もひらがなにしています。

商品名にまでこだわった和風ぷりん。
大きさの割に強気な価格設定ですが、安納芋は好きなので思い切ってチャレンジ♪

栄養成分は、120kcal、蛋白質4.3g、脂質1.7g、炭水化物22.0g、Na46mgです。

原材料もさつまいも(安納芋)、牛乳、砂糖、クリーム、水飴、ごま…などいたってシンプル!

黒ごまがパラリと載っただけの素朴な外見。

スプーンですくった瞬間から普通のプリンとはちょっと違う感覚。
ベイクドケーキのようなしっかり固めの質感で、口に入れるとざらっとした舌触り。

まったり濃密!!
安納芋なので、ねっとりあまあ~い☆

こちらもていねいに裏ごしされたような、芋の繊維が感じられます。
「ぷりん」より「芋ようかん」という表現が近い気がする!
でも、ようかんほど甘さが立っておらず、ようかんとスイートポテトの中間的なあじわい?

自然な甘さでまったりほくほく。
黒ごまのトッピングが香ばしさをプラスして、和風な雰囲気をいっぱい醸し出していますね。
値段相応の美味しさに大満足でした(^O^)

 

まとめ

セブン「なめらか濃厚パンプキンプリン」とナチュロ「安納芋の濃厚ぷりん」

どちらも「濃厚」を謳うだけあり、素材をそのまま食べているかのような味わいでした。

厳選された素材をシンプルな製法でていねいに裏ごしして…バターや砂糖に頼りすぎない、上質かつヘルシーな、秋の味覚を楽しむスイーツ。

どちらも季節にいちどは味わいたい旬の味です!
ぜひお試しあれ(*´▽`*)

セブン-イレブン なめらか濃厚パンプキンプリン カップ1個

ナチュラルローソン 安納芋の濃厚ぷりん カップ1個

関連記事リンク(外部サイト)

セブンの「イタリア栗」VSファミマの「安納芋」VSナチュロの「宮崎県産紫芋」♪秋のベストスイーツはど~れだ!?
もはやコンビニの域を超えた!ナチュロのスコーンが本格的で美味しすぎた…。
栗とさつまいも、どっちを選ぶ?ファミマVSセブン対決!秋の夜長はあんみつで「ほっ。」とひといき♪

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP