ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英生物学者が捕らえたクロコダイル襲う巨大怪物魚は45kgある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人を食いちぎらんばかりの歯を持つどう猛な魚から、圧巻の巨大な古代魚まで──これはみなイギリスの生物学者ジェレミー・ウェイド氏が捕獲した「怪物魚」たちだ。

「ディスカバリーチャンネル」と「BBC(英国放送協会)」が共同制作するCSチャンネル「アニマルプラネット」で放送中の『怪物魚を追え!』は、ジェレミー氏が「人を襲った魚がいる」などの情報をもとに世界中の川や湖に赴き、そこに潜む巨大生物を捕らえる人気番組。「釣りバカ」として名高いジェレミー氏は、危険を顧みず、釣り竿や現地の伝統的漁法のみを用いて巨大魚を捕獲する。

 たとえば写真で紹介したコンゴ川に生息する「ゴライアスタイガーフィッシュ」は、クロコダイルを襲うだけでなく、人間の体を食いちぎった記録もある非常にどう猛な魚だ。最大1.8メートル、45キロにまで成長。顎の関節が2つあるため口を大きく開けられる。村人の期待を一身に背負い川へ出たジェレミー氏は、数週間をかけて捕獲した。

 ジェレミー氏のモットーは、魚を生きたまま自然に還す「キャッチ&リリース」だ。しかしこのときは捕獲の際のダメージで川に戻しても死んでしまうと判断し、魚を村に譲渡。村人たちは「神のおぼしめし」と歓喜した。

 彼の挑戦は、かつて冒険に憧れたすべての大人たちの胸を躍らせる。

 (c)2015 Discovery Communications

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「まだ人目に触れていない巨大生物いても不思議ない」と識者
バクテリアの研究 生命の起源解明につながるのではと期待も
「シーラカンスはなぜ進化しない?」ほか動物の話題満載の本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。