ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前田健太と秋山翔吾 譲渡金獲得のため今オフにもMLB移籍か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球シーズンの終わりごろから、大リーグも視野に入れた選手の移籍など「人事」が話題の中心になる。今年は外国人選手の注目株としては、阪神・マートン、ヤクルト・バレンティンの名前が挙がる。

「マートンは契約満了により退団が確実。うるさ型の多い阪神OBたちから“態度が悪い”などといわれてイライラしており、移籍先を模索しているといわれている。一方のバレンティンについては、巨人がすでに調査に入っているといいます。ヤクルトは好成績だったために年俸の高騰が予想され、バレンティンを抱えきれないのではといわれている。ともに年俸は数億円とかなり高いため、巨人、ソフトバンクあたりが獲得に動くとみられる」(スポーツジャーナリスト)

 一方今季、メジャーを目指す選手は例年に比べると少なくなりそうだ。目玉は昨年の挑戦を見送った広島のエース・前田健太の去就。実は今オフ、満を持してポスティングシステムでのメジャー移籍を願い出るとみられている。

「なぜなら、広島球団にとっても、マエケンを高く売れる最後のチャンスだからです。来年には日米球界で交わされた入札制度が更新されるため、日本人選手を獲得するメジャー球団が支払う譲渡金(最大25億円)を得るチャンスはこのオフが最後になる。昨年は“優勝が条件”といって入札による移籍を認めなかった球団も、今年は認める方針だといわれています」(広島担当記者)

 野手ではプロ野球安打記録を更新した西武・秋山翔吾が注目株だ。彼も同じ理由から移籍が予測される。西武は過去、松坂大輔の移籍で大儲けした経験がある。スカウトの評価では、青木宣親(現ジャイアンツ)並みかそれ以上といわれる秋山。今が売り時だろう。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中島裕之、川崎宗則、青木宣親ら今年の海外挑戦野手に低評価
英語のコメント出さないイチローに現地記者「理解できない」
大型補強ヤクルト 真中監督は外国人をコントロールできるか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP