ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮面ライダー×『ねこあつめ』なアプリが開発中 悪を退治するライダーたちに癒されよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ごはんやおもちゃを置いておくことで、集まってきたねこたちを見て癒やされるスマートフォン向けアプリゲーム『ねこあつめ』。なんと、その仮面ライダー版となる『仮面ライダーあつめ』が開発中だ。もちろん、東映の公式だぞ!


ルールは本家同様にとてもシンプル。フィールドにアイテムを設置して、“正義の心”を置いてあとは待つだけ。設置したアイテムにイタズラをする悪の怪人を倒すため、仮面ライダーが駆け付けてくれるのだとか。登場した仮面ライダーは図鑑に登録され、ショッカー退治後に置いていく“らいだま”で、新たに“正義の心”を入手することも。何度もショッカーを倒していると、より強い敵が現れるそうだ。お気に入りのライダーや強敵が登場するのを、画面を眺めながらただぼんやりと待とう!

テレビ朝日では新シリーズ『仮面ライダーゴースト』がスタートしたばかり。第1話では主人公がいきなり死亡、そして仮面ライダーゴーストとして即復活。一度死んでいるから、敵の攻撃を受けても死ぬことはない(ただし痛みは感じる)というゴーストならではチートっぷりを発揮し、最後には宮本武蔵のチカラを受け継ぐ“仮面ライダーゴースト ムサシ魂”にフォームチェンジ。フルスロットルで物語が展開する出血大サービスの初回放送となった。

大沢ひかるさん演じるヒロインのアカリ、使い魔ユルセン(CV:悠木碧さん)もストーリーに華を添えてくれており、主人公タケルがどのように進化を遂げるのか、ちょっと台詞がカミカミだった西銘駿さんの成長と共に、また1年間見守っていこう。なお、『仮面ライダーあつめ』にもゴーストの参戦が決定しているぞ。

『仮面ライダーあつめ』の開発はコトブキソリューション、および『ねこあつめ』を開発したヒットポイントが手掛け、端末はAndroid、iOSに対応する(『仮面ライダー&スーパー戦隊 for スゴ得』内ではAndroidのみ対応)。配信は2016年1月を予定している。

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP