ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いきものがかり、1万4千人動員した横浜アリ公演をWOWOWが独占放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年、デビュー10年目の幕開けを飾る全国アリーナツアー『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2015 〜FUN! FUN! FANFARE!〜』を、3月14日の幕張メッセ・イベントホールからスタートさせた、いきものがかり。全26公演に渡るツアーの22〜24本目となるライヴが、彼らの地元である神奈川県・横浜アリーナで行われ、その2日目となる7月11日公演の模様を10月10日にWOWOWで独占放送する。

自身初のセンターステージ、360度客席というスタイルで行われたソールドアウトの会場は、立ち見を含めた1万4千人(1公演)のオーディエンスで埋め尽くされた。客席通路からメンバーが登場すると、最新アルバム『FUN! FUN! FANFARE!』収録の「明日ハレルカナ」でライヴはスタート。湘南台高校吹奏楽部OB“White Galaxy”によるファンファーレが開幕を告げ、色とりどりの閃光が交錯した「GOLDEN GIRL」、吉岡聖恵(Vo)が星型のタンバリンを手に歌った「ワンゴール」と、勢いを増していく。

フルバンドを存分に生かしたアレンジが、楽曲をよりドラマティックに展開させた「コイスルオトメ」や、水野良樹(Gt&リーダー)、山下穂尊(Gt&harmonica)とサポートメンバーとのセッションのようなアウトロが見せ場の「春」などは、ライヴでしか味わえない醍醐味のひとつ。また、数えきれない程の星が浮かび上がり、光の輪がステージを包み込んだ「YELL」をはじめ、照明や映像によるセンターステージを際立たせた様々な演出も必見。
さらにライヴ中盤には、PAや照明卓が設置されているスタッフエリアに、特設ステージが出現。メンバーがこのステージへと移動して「笑顔」を披露し、会場を沸かせる一幕も。後半戦では、キャノン砲でカラフルなテープが舞った「気まぐれロマンティック」、会場中が飛び跳ね、ピースサインを掲げた「ジャンプ!」など、アップテンポの楽曲で盛り上がりを見せ、「ライヴにこんなに人が来てくれるのは、夢のような奇跡。そんな時間を作ってくれてありがとうございました。最後にこのステージを一緒に作ってくれた皆さんに、届けたいと思います」(吉岡)と、「マイステージ」を披露し、本編はラストを迎えた。

アンコールでは、最新アルバムから「LIFE」、節目となる30枚目のシングル「あなた」と、大切な人への思いを歌ったバラード曲を続けて披露。そして、もちろんこの曲なしでは終われないと「じょいふる」で場内にタオルと紙吹雪が舞い、「神奈川という場所にいちばん届けるべき曲だと思います」(水野)と、この日最後の曲「帰りたくなったよ」を贈った。

まもなくデビュー10周年を迎えるいきものがかり。活動当初からの目標のひとつ「老若男女に愛されるバンド」、そしてデビュー当時からのキャッチコピー「泣き笑いせつなポップ」、彼らはその両方をしっかりと具現化し、現実化しているバンドだ。いきものがかりが多くの人々から愛される理由を、このライヴ映像から感じ取っていただけるだろう。

text by 金多賀歩美

いきものがかり コメント動画
https://www.youtube.com/watch?v=0YCZr0tOARs

番組情報
WOWOWプライム『いきものがかり ミュージック・セレクション』
10月10日(土)18:30
WOWOWプライム『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2015 〜FUN! FUN! FANFARE!〜』
10月10日(土)20:00

<放送予定楽曲>

・GOLDEN GIRL

・YELL

・マイステージ

・あなた

他

■番組オフィシャルHP
http://www.wowow.co.jp/music/ikimonogakari/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP