ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

突然の雨でも安心!いつでもどこでも借りられる、傘のシェアサービスが便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雨の多い季節は、日本でも傘が手放せないもの。

突然の雨に降られてびしょぬれになったり、外出先でお気に入りの傘を置き忘れてしまったり、誰しも傘にまつわる苦い経験を、ひとつくらいは持っているだろう。

・いつでもどこでも借りられる、傘のシェアリングサービス

カナダ・バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学(UBC)で先月、傘のシェアリングサービス「UmbraCity(アンブラシティ)」が正式にスタートした。

大学の構内5カ所に、それぞれ40本の傘を備えた自動貸出スタンドを設置。

事前に会員登録したユーザーなら、専用端末を使って、いつでも必要なときに借りることができる。

貸し出しから48時間以内にいずれかのスタンドに返却すれば、利用料は無料。

以後20ドルを上限として、1日経過するごとに2ドルが課金される仕組みとなっている。

UmbraCityは、現在、ブリティッシュコロンビア大学のみで運営されているが、今後は、バンクーバー市の他のエリアにも展開していく方針。

傘の貸出料のほか、傘布やスタンドを広告メディアとして企業などに販売し、収益源としていきたい考えだ。

・傘にもシェアリングエコノミーの仕組みを応用

自動専用スタンドによる傘のシェアリングサービスとしては、ニューヨークの「brellabox」が先行。

また、日本でも、2011年頃から、不要のビニール傘をリユースした「シブカサ」や、傘を広告メディアとして活用する「タダカサ」など、傘の無料貸出サービスが実施されてきた。

UmbraCityに代表される試みは、シェアリングエコノミー(共有経済)が、あらゆるモノに応用されつつある証といえよう。

UmbraCity

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP