ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一の本の街・神保町 高額古書は目録や展示即売会で販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ショーウィンドウに豪華な絵巻を飾る店、文学全集が山積みされる店、安価な本で溢れるワゴンが軒先に置かれる店……。東京・神田神保町には靖国通り沿いを中心に現在160ほどの古書店が軒を連ねる。

 神保町古書店街の歴史は明治時代初頭まで遡る。武家屋敷跡に東京大学や明治大学、中央大学などの前身となる学校が建てられ、それに伴い書店が増えていったのだ。今では創業100年を超える店もあり、神保町は数、質ともに「世界一の本の街」といわれる。

「海外にもオークションはありますが、同業者同士が取り引きする古書市場は日本にしかなく、毎日市を開いているのは神保町だけ。日本中から本が集まります。昨年にはある書店で哲学者ヘーゲル自筆の書き入れ初版本が見つかり、驚きの声が上がりました」と、神田古書店連盟の会長を務める佐古田亮介氏(けやき書店)は語る。

 古書店は市場のほか、個人からも買い入れる。収集家の遺族からトラック数台分を引き取ることもあれば、時には地方にも出向く。

 どの店も棚に本がびっしりと並ぶが、実は稀少で高額な品は店頭に出されず、目録や展示即売会で販売されることが多い。2013年には中国なら国宝級だという南宋時代の漢詩集が4億6000万円で目録販売された。一体誰が購入するのかと驚くが、国内外の大学や博物館なども古書街のお客様。近年は中国からの業者も足繁く通う。

 10月23日からは「神田古本まつり」が10日間開催。23~25日には東京古書会館で古今東西の稀覯本・珍本を集めた「特選古書即売展」も開かれるので、この機会に神保町で「お宝本」の世界を覗いてみてはいかがだろう。

写真■東京古書組合

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
毎日30種の樽生ビールが揃うお店 一律グラス480円が嬉しい
神保町古書店の『吾輩ハ猫デアル』初版本 上中下3冊350万円
皇后さま「透明人間になってもう一度本の立ち読みをしたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP