ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~ワインフェス編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、様々な食フェスなどが注目を集めているが、ワインフェスもその一つである。そこで、「デートで使えるワインフェス」3つを調査のプロであるリサーチャーさんに調べてもらった。

ワインツーリズムやまなし2015・秋


11月7日(土)と8日(日)に、甲州市、笛吹市、山梨市、甲府市、甲斐市で開催されるイベント。ぶどう農家、ワイナリー、飲食店、商店、朝市、NPO、行政など、多くの人たちが力を合わせて行う、産地ならではの試みであるようだ。

産地を巡りながら地域を楽しむ体験型イベントとして、参加者自身が簡易マップを見ながらぶどう畑のある地域を歩いてワイナリーに向かい、お気に入りのワインを見つけるというもの。史跡を散策したり、地域の人たちとのコミュニケーションを楽しむことも、このイベントの醍醐味だ。

豆知識として、約20銘柄の”利き酒”ができる世界初のロボットで、2008年版のギネスブックにも認定された「ソムリエ・ロボ」というものが存在するそうだ。

大阪ビオワインフェスタ 2015~OSAKA BIO WINE FESTA~


10月18日(日)に西梅田スクエアで開催される、約100種類のビオワインが飲み放題のイベント。関西の有名飲食店20店舗の料理も食べ放題となり、美味しいワインと料理を心ゆくまで楽しむことができる。

ビオワインとは、無農薬・有機栽培、または減農薬栽培で育てられたブドウのみを使用したワインのこと。酸化防止剤の使用もなるべく抑えているため、二日酔いになりづらいとも言われている。健康で生命力が豊かなブドウからできているため、果実味の生き生きとした力のあるワインだと言われている。

ちなみに、ワインは熟成していくと、ブドウの成分が不溶性になって沈殿し、澱(おり)ができる。この澱がグラスに入ると味が悪くなるため、ワインの瓶は上げ底になっているらしい。

近江鉄道 ワイン電車


11月2日(月)、6日(金)、7日(土)、13日(金)、14日(土)、19(木)~21日(土)に開催される近江鉄道主催のワインイベント。滋賀県を走る近江鉄道がワイン電車を運行させ、予約者は近江鉄道(電車)全線が乗り放題に。

11月2日~14日までの間は、フランス・ドイツ・アメリカなど、世界のワイン6種類をそれぞれ1杯ずつ飲むことができ、19日~21日までの間は、フランスのボジョレーヌーヴォーやイタリアのノヴェッロといった新酒ワインを楽しむことができる。ワインカクテルは全て飲み放題で、洋風おつまみなども用意されている。

滋賀県といえば日本最大の湖・琵琶湖が有名だが、実は日本最古の湖でもある。琵琶湖周辺から三重県伊賀市付近の丘陵に分布する古琵琶湖層群という地層の研究で、420万年前の火山灰層が見つかったそうだ。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP