ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gmailの使用容量を減らして、クラウドもダイエットを!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無料なのに高機能なGmail。しかし、Googleドライブ、Gmail、Googleフォトなどが共通で使える無料アカウントは、保存容量が15GBなので、長年使い続けるとアカウント容量がパンク寸前。ついに「もう容量がいっぱいですよ」と警告が……。今回は、そんなときに役立つメールの容量削減法をご紹介する。

メールは無限にストックできない

普段メールしていると、特に容量を気にせず使いがちだが、実はメールの一つひとつが使用容量としてカウントされている。

現在の使用容量は、受信メールの最下部や設定ページの「アカウントとインポート」欄に表示されているので、90%を超えてきたら注意したい。ちなみに、スパムやゴミ箱フォルダのメールも、完全削除しないかぎりカウントの対象だ。

使用量が90%を超えている場合は要注意

削除する前にバックアップするべし

数年前のメールとはいえ、大事なものは大事。容量の掃除を行う前には、必ずバックアップすべし。下記はGmail メール アカウントの全メッセージを、メールクライアント(Windows Office Outlookなどのメールアプリ)にダウンロードする方法だ。

(1)指定のGmailアカウントにログイン。

(2)Gmailページ上部にある 「設定」をクリック。

(3)「メール転送と POP 設定」タブを開く。

(4)「すべてのメールでPOPを有効にする(ダウンロード済みのメールを含む)。

(5)「変更を保存」をクリック。

(6)Gmailで設定したメールクライアントを開き、新着メッセージをチェック。Gmailのメールが表示(ダウンロード)される。

Gmailのメッセージはまとめてダウンロードされるため、メールクライアントにすべてのメールが表示されるまで時間がかかる場合がある。また、迷惑メールやゴミ箱のメッセージは、受信トレイや「すべてのメール」に移動しない限りダウンロードされない。

キーワード検索の機能を使って容量を大削減!

「過去のメールをすべてチェックするのは面倒だな……」と思う方もいるかもしれないが、実はカンタンにできる方法がある。今回利用するのはキーワード検索。これは大変便利だ。

まずは、昔のメールを検索してみよう。指定した日付よりも前のメールは「before:20××/01/01」というふうに検索をかけると、それ以前のメールが一発で表示される。今回は「before:2013/01/01」と検索。2012/12/31以前のメールがズラリと表示された。


Gmailの検索機能は、文字検索だけのツールにあらず

同じ要領で、今度はより目的に沿った検索をかけてみよう。特に探したいのは、ファイル添付された容量が重いメール。容量の数値を指定して、数値よりも重い容量のメールを洗い出そう。たとえば、3MB以上のメールは「larger:3MB」と入力すると、該当するメールを検索できる。


「larger:3MB」で3MB以上のメールを検索。ファイル添付メールがズラリ

あとは、日付順・容量順に必要のないメールをドンドン削除していくだけ。使用容量を大幅に減らせることができる。

この2つの検索で、容量を食っていたメールをほぼ洗い出すことができる。また、検索窓の右端「▼」のオプションで「添付ファイルあり」にチェックを入れると、添付ファイルありのメールを探し出すことが可能だ。

ここで容量別のメールを検索することも可能

不要なメールは、容量不足の警告を受けて慌てる前に、検索機能で適宜洗い出して削除しよう。どうぞ健全なGmailライフを!

関連リンク

App×Support

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP