ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2015年10月)、Lollipopのシェアが23.5%に上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 10 月 7 日、Android のバージョン別シェアの統計データを更新しました。今回は 10 月分になります。今回のバージョン別シェア(括弧内は前回)は、1 位が KitKat 38.9%(↓39.2%)、2 位が Jelly Bean 30.2%(↓31.8%)、3 位が Lollipop 23.5%(↑21.0%)、4 位が Gingerbread 3.8%(↓4.1%)、6 位が Ice Cream Sandwich 3.4%(↓3.7%)、7 位が Froyo 0.2%(→0.2%)という結果でした。シェアの変化はここ数ヶ月間と同じで、Lollipop がシェアを上げ、その他はシェアを下げています。Lollipop のシェアは前回から 2.5% と急速に上がっているようですが、上位 3 バージョンの順位は前回から変化していません。Google は 10 月 5 日に新バージョン「Marshmallow」をリリースし、今後は Lollipop に代わって、Marshmallow が最新版となりますが、普及スピードを考慮すると、少なくとも年内は今回と同じ状況が続くことでしょう。Source : Androi Developers

■関連記事
MicrosoftがAndroid対応の新型リストバンド活動量計「Microsoft Band 2」を発表、予約受付も開始
Google、Android 6.0向けにGoogle翻訳のアプリ内翻訳機能を提供
Google Creative Lab、システム情報をライブ壁紙で表示する新アプリ「Meter」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP