ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「新米」と呼べるのはいつまで?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実りの秋、山の幸も海の幸もおいしい恵みがたくさん溢れる季節ですが、やはりその中でも特別な位置にあるのが新米。ピカピカに輝く炊きたてご飯に勝るごちそうは、そうありません。

ところで、「新米」と呼べるのはいつからいつまでの米か知っていますか?「収穫したてのお米が新米じゃないの?」と勘違いしている人も多いのでは?

収穫年の大みそかまでに包装されたものが「新米」

日本ではJAS法(農林物資の規格化等に関する法律)によって、「新米」の表示には明確なルールが定められています。それによると、新米とは生産年の12月31日までに容器に入れられ、包装されたお米のこと。つまり12月31日に精米・包装されたお米もギリギリで「新米」と表示されるのです。

お米は「大量のまとめ買い」禁止!

「重いし面倒だから、新米の時期にまとめ買いしよう!」という家庭も多いかもしれませんが、お米も生鮮食品の仲間。大量購入はおすすめしません。家族が1ヶ月程度で食べきれる量を目安に、定期的に精米したてのものを購入したほうが、おいしい風味が楽しめます。店頭で購入するときは、表示の「精米日」をチェックして。なるべく精米日が新しいものを選びましょう。

また、精米後のお米は冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめです。ペットボトルやジッパー袋などに入れて、なるべく空気に触れさせないように冷暗所で保存しましょう。シンク下などの匂いが移りやすい場所は、できれば避けたほうがいいでしょう。

米も食品ですから鮮度が命。精米から時間を置くほどに、水分量は失われ、風味も落ちてしまいます。だからこそ、穫れたての新米のおいしさは今の時期だけの貴重なもの。みずみずしい光沢を放ち、噛むほどに甘みが広がる新米の味わいを、この秋も存分に堪能しましょう。

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP