ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

マウスコンピューターより、ワコム製ペンタブレットをバンドルしたPCが販売開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


 
最新のペンタブレット『Intuos4』(ワコム)をバンドルしてなおも8万円台で提供してしまうという、大変お買い得なデスクトップPCの登場です。

マウスコンピューターとワコムは、CAD/CGクリエーター向けデスクトップパソコンと直感的なクリエイティブワークを実現するワコム最新ペンタブレット『Intuos4』をバンドルしたクリエーター入門者~中級者向けモデル2機種、中級者~上級者向けに同じくワコム製の液晶タブレット『Cintiq12WX』をバンドルした1機種をマウスコンピューターオンラインショップサイト、ワコムソリューション営業部で2009年4月30日より販売開始しました。

エントリーモデル『Lm-iS442S3-WS-PT』は、CAD/CGを勉強し始めた学生や入門者をターゲットに『Windows Vista Home Premium with SP1』正規版(『Windows XP Home Edition SP3』正規版に変更可)、『インテルCore 2 DuoプロセッサーE7400』、2GBメモリ、320GB ハードディスク(HDD)、2層書込み対応DVDスーパーマルチドライブ、『NVIDIA Quadro FX 370LP』を標準搭載したスリム型デスクトップパソコンとワコム『Intuos4 PTK-440/K0』をセットで8万9880円で販売。また、『Adobe Photoshop Elements for Windows』などアプリケーションが標準添付されている『Intuos4 PTK-440/K1』もプラス3150円で選択できます。

中級者向けミドルレンジモデル『MDV ADVANCE ST 6010S-WS-PT』は、CAD/CG中級者向けに『Windows Vista Home Premium with SP1』正規版(『Windows XP Home Edition SP3』正規版に変更可)、レンダリング処理などに優れた性能を発揮する『インテルCore 2 Quad Q9400』、4GBメモリ、500GB HDD、2層書込み対応DVDスーパーマルチドライブ、『NVIDIA Quadro FX 380』を標準搭載し、ワコム『Intuos4 PTK-640/K0』がセットで11万9700円となります。

ビジネスユースやクリエイティブワーク上級者に最適なハイエンドモデル『MDV ADVANCE ST 6310B-WS-PT』は、『Windows Vista Home Premium with SP1』正規版(『Windows XP Home Edition SP3』正規版に変更可)、『インテルCore i7プロセッサー920』、3GBメモリ、1TB HDD、2層書込み対応DVDスーパーマルチドライブ、『NVIDIA Quadro FX 580』を標準搭載し、ワコム『Cintiq 12WX』(12.1型ワイド液晶付ペンタブレット)がセットで27万9930円となります。

今回発表モデルにおいて、販売は両社で行い、サポートはデスクトップパソコン及びBTO(Built to Order)で選択されるその他周辺機器をマウスコンピューターが、各種ペンタブレットをワコムがそれぞれ行います。ワコムペンタブレットに添付している各種ソフトウェアのサポートはワコムサポートセンター又は各種ソフトウェアメーカーにて行います。

最新版が発売されたばかりの『Intuos4』シリーズや、直接液晶に描ける事で大人気の『Cintiq』が付属してのお値段としては大変お手頃な3製品。PCのスペックもクリエーター向けとあって、ハードワークにも対応できるものとなっております。初めて作品制作をする方から上級者まで、最新のペンタブレットに合わせて高性能のデスクトップPCも検討してみてはいかがでしょうか。
 

■こんなPCに関するニュースもあります
ASUS『EeePC』にワイヤレスWAN搭載のネットブックが初登場
パナソニック『Let’s note』からも夏モデル発売を発表
デスクトップパソコンもお好みの色に! DELLより8色のスタイリッシュな『Inspiron 545/545s』発表
4万円台からの低価格15.4型ノートPC『Lenovo G530』発売
【速報】マウスコンピューターより12.1型ワイド液晶搭載ノートPC『LuvBook S200』シリーズ3機種が発表

as@地生の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。