ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡邉恒雄氏 盟友との約束「江川卓監督」を今年こそ果たすか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のプロ野球も、いよいよストーブリーグが始まる季節となった。巨人では契約最終年となる原辰徳監督の交代が必至と見られる。混戦が続いたとはいえ、ペナント最終盤まで明確な「続投」の声が聞こえてこなかったのは異常だった。

 後任の最有力候補として名前が挙がるのは江川卓氏である。2011年にはいわゆる「清武の乱」に絡み、江川氏をヘッドコーチとして入閣させる話があったといわれたが、「今回その約束が果たされるのではないか」と語るのは、巨人重鎮OBの1人だ。

「江川監督の線は日本テレビ関係者が強く推している。それにナベツネ(渡邉恒雄)さんには、盟友・氏家(齊一郎・元日本テレビ会長。2011年没)さんとの約束があると聞いている。氏家氏は江川に冠番組を持たせるなどかわいがっていて、亡くなる前に“江川を監督にしてやってくれ”といわれたようだ。無下にはできないはずだ」

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ
巨人のエース・江川卓に引退決意させた後輩のサヨナラ本塁打
原監督と江川氏 ゴルフ会員権売買巡り“犬猿の仲”になった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP