ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッチャー女史 「EUは失敗します」と落合信彦氏に予言した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヨーロッパの難民受け入れを「美談」と報じるメディアは浅はかだ、と作家の落合信彦氏は警告する。難民たちを乗せたボートがトルコ沖で転覆し、3歳男児を含む12人が死亡した。浪打ち際でうつぶせになっている3歳男児の遺体写真をきっかけに欧州各国は難民受け入れを拡大する方向に急転回したが……。落合氏は以下のように考える。

 * * *
 祖国を追われ、溺死した男児は本当に気の毒だ。しかし、悲劇はいまに始まった話ではない。今年4月にはリビア沖で約700人の難民を乗せた船が転覆し、そのほとんどが死亡した。8月初めにも同じくリビア沖で難民600人乗りの漁船が沈没、200人以上が死亡している。全長5~6mのゴムボートに20人以上も乗せられ、荒波のなか漕ぎ出すケースも多い。
 
 オーストリア東部では、放置された冷凍トラックから難民71人の遺体が発見された。難民たちは密航斡旋業者によってトラックに詰め込まれ、酸欠や脱水症状で死んだのだ。その中には子供4人も含まれていた。

 流れ込む難民を一時的に止めるには、まず密航斡旋業者を探し出して刑に処するべきではないか。あるシリア人は彼らに40万円支払ったという。小さな船に難民を乗せて、到着地に近づいたら、彼らは自分たちのボートで逃げる。彼らこそ人殺しだろう。

 混乱と悲劇の責任の一端は、ヨーロッパ側にもある。

 難民がヨーロッパを目指すのは、加盟国の間では国境検査なしで移動できる「シェンゲン協定」があるからだ。同協定は1985年、ベルギー、フランス、ルクセンブルク、オランダ、当時の西ドイツの5か国が署名したことから始まった。その後、1997年に調印されたアムステルダム条約でシェンゲン協定がEUに取り入れられ、加盟国が26か国に増えて現在に至る。

 シェンゲン協定が作られた80~90年代には、現在のような難民問題は想定されていなかった。

 当時から、難民が来たらどう受け入れるか、どれくらい許容するかを規定しておけば、いまのような混乱はなかったはずだ。EUを作ったときから失敗は始まっていたのである。

 そもそもEU28か国は、経済状況も違えば文化も違う。それを一つにまとめようということ自体、無理があったのだ。ギリシャの経済危機はその矛盾を顕在化させた。今回の難民問題でも、規定がなかったことで各国の「人道意識」に左右されることになった。

 一時の感情に流された「みんなで受け入れよう」という姿勢は、将来に大きな禍根を残すことになる。1991年、マーガレット・サッチャー女史に会ったとき、彼女はこう言った。

「EUは失敗します。手をつなぎ合って競争するなんて、子供の遊びです。EUは文化的にも違う国家だらけです。その上、かつての植民地の人々が入ってきたら一体どうなりますか。シェンゲン協定を作ってしまったからには、必ず混乱が起きます」

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本
米軍機が日本で事故起こしたら米は警視総監の立ち入り拒否可
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「TPP後の世界」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP