ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緊急時にも役立つ!ペットボトルで火をおこす方法!(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシーンで活躍できるはず。

ベットボトルと
黒印字の紙で
どこでも点火

用意するものは、黒インクで印字された紙や新聞紙と、ミネラルウォーターのペットボトル。これだけ。あとは十分な太陽光があれば「どこでだって火はおこせる」と、動画製作者のGrant Thompson氏。写真でもお分かりの通り、その原理は虫眼鏡です。

誰もが一度は経験する科学実験、光の焦点を集めて煙を上げたあの方法。ペットボトルの先端、湾曲している部分を凸レンズ代わりにして、光を集約する訳です。もちろん、ペットボトルだけでなく、ガラスの瓶でもOK。透明なものほど、簡単にいきます。
まさか、そんなオールドファッションな方法で?と思うかもしれない。でも、これが一番効果的で即効性がある点火の仕方だそう。でも、小さな煙のくすぶりを、どう炎へと大きくしていくのか?

キャンプやBBQで
活躍必死!?

その答えがこちら。紙がくすぶり始めたら、上からさらに紙をかぶせ、適度に振って風をおくる。ここ、火種が消えない程度に振るのがポイントです。優しくデリケートに。これで、手にした紙にメラメラと炎が立ち上ってくるはず。火傷にはご用心。

これさえ覚えておけば、キャンプシーンでも、BBQの火おこしでも、ライターやマッチがなくても簡単に火がくつれますね。ちょっと、知っておくだけで何かと役に立つこと間違いなし!

Licensed material used with permission by Grant Thompson

関連記事リンク(外部サイト)

「Coleman」が本気で作った女性向けアウトドアアイテム6つ
【1,600万回再生】米国発!「空飛ぶウォータースライダー」に話題殺到
【これは欲しい】カタチを自由自在に変えられる「ドーナッツ型テント」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP