ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五郎丸選手が、サモア戦後に受け取った試合のMVPより「嬉しかったもの」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。

この試合の主役は、間違いなくFBの五郎丸歩。PGを含む正確無比な6本のゴールキックで16得点を記録し、「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出。W杯通算得点も、それまでの日本記録(40得点)を「45」へと更新した。

W杯通算3勝目となる歴史的勝利を自らの得点で手繰り寄せ、その試合でもっとも優れたプレーヤーと認められた―。本来であればこれだけでもう充分なように思えるが、さらに嬉しいサプライズが五郎丸を待っていたのだという。

実は対戦相手のサモアからもその実力を認められ、特別な“カップ”を受け取っていたのだ。

改めて説明すると、ラグビーには試合終了を意味する「ノーサイド」という言葉がある。これは、激闘を繰り広げたとしても、試合終了の笛が鳴れば自陣と敵陣はなくなり、勝敗に関係なく健闘をたたえ合うという意。

ただし、この言葉を使っている国が、日本くらいであることは意外と知られていない。海外で使われていた時代もあったようだが、現代では「フルタイム」が一般的。もともと海外で使われていたものが、日本で拡大解釈され、定着したと言われている。

とはいえ、今回の一件で証明されたのは、たとえ言葉が変わろうとも“ノーサイドの精神”が脈々と受け継がれているという事実だ。勝者を称えることは、口で言うほど簡単なことではない。ましてや、“この”サモアの状況なら尚更だろう。

4年間の集大成であるW杯で、グループステージ敗退が決まった。破れた相手は“格下”の日本。しかも、通算対戦成績では圧倒的に分があったにもかかわらず…彼らが失望感を抱くことなど、容易に想像できる。

だからこそ、今回体現された“ノーサイドの精神”には途方もない価値があった。ラグビーがこれほどまでに世界で愛される理由は、きっと、こんなところにもあるのだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

光る波を乗りこなす!世界初のエレクトリカル「ナイトサーフィン」が楽しそう
脳性まひの少年がトライアスロンを完走!「立ち上がることしか、考えてなかったよ」
イチローがメジャーリーグで念願の投手デビュー!(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP