ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年はどんな味? 一足先にボージョレ・ヌーヴォ―をリサーチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋は、食だけでなくお酒もおいしく感じる時期。
毎年11月には、「ボージョレ・ヌーヴォ―解禁~!」とニュースで話題になるため、毎年この時期に飲んでいるという人も多いのでは。
なんとなく存在は知っているけれど、実はよくわかってないという人も少なくないはず。そこで、今年のボージョレ・ヌーヴォーが解禁になる前に、ソムリエの宮沢典芳さんに「ボージョレ・ヌーヴォー」について知って教えていただきました。

「ボージョレ・ヌーヴォー」って?

「ボージョレ・ヌーヴォーはフランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区で生産されるワインの新酒のこと。ワインは通常、醸されてから一定の熟成期間を経て出荷されることが多いのですが、醸造後すぐにリリースされるその年のブドウでできたワインということです。白やロゼもありますが、ガメイというブドウ品種でつくられる赤ワインを指すのが一般的です」(「FOODIE」より引用)

ボージョレ・ヌーヴォーって、白やロゼもあったんですね!
醸造後すぐに飲むので、ほかのワインとは違い、フルーティさやキャンディのような香りとフレッシュな味わいを楽しめるものが多いそうです。
秋に解禁されることで、話題になりますが、解禁日は毎年11月の第3木曜とフランス政府が定めています。
時差の関係で、日本は比較的早くその年のボージョレ・ヌーヴォーを楽しむことができます。

「ボージョレ・ヌーヴォー」はおいしい?

熟成させたワインに比べると、「ボージョレ・ヌーヴォー」は新米ワイン。
味は普通のワインに負ける?と思いきや、宮沢さんによると年々おいしい「ボージョレ・ヌーヴォー」が生産されているそう。

通常の赤ワインのようにボージョレ・ヌーヴォーをつくる新世代の生産者も増え、品質も向上し、味わいのバリエーションも豊かになっています。(「FOODIE」より引用)

味のバリエーションも増えてきているということは、2015年はどんな「ボージョレ・ヌーヴォー」が届くのでしょうか?

2015年はかつてないほどの当たり年!?

<ジャン・カリヨン> ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォー(750ml)3,240円(税込)
あと1か月ちょっとで解禁される、「ボージョレ・ヌーヴォー」。今年は、気候の関係から、かなり期待できるみたい!

「今年は50年、いや100年に一度の非常にいい年といわれています。夏が暑く乾燥したことでブドウがしっかりと熟し、凝縮感のある味わいが期待されます。ボージョレ・ヌーヴォーはほかのワインと違い、輸入のルートがシンプルなので、品質がストレートに価格に反映されていると思って大丈夫です。カジュアルなものなら少し冷やしてゴクゴクと、やや高級感のあるものなら大きめのグラスでじっくり楽しむと、ボージョレ・ヌーヴォーの魅力をより深く感じていただけるはずです」(「FOODIE」より引用)

赤ワインは常温で楽しむことが多いですが、「ボージョレ・ヌーヴォー」は冷やして飲んでもOK。
冷たい「ボージョレ・ヌーヴォー」片手に、温かい料理を味わうのもよさそう。GLITTYで紹介された、ショコラとの食べ合わせも、この冬トライしたい!
FOODIE
image via Shutterstock
(岩瀬智世)


(グリッティ)記事関連リンク
もうそろそろ……「大人の飲みかた」はじめよう
女子ウケ抜群! 英国生まれのカップケーキ「LOLA’S Cupcake」が日本上陸
恥ずかしい! 初心者丸出しなバーでの注文の仕方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP