ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋の味覚といえばコレ!“栗”を主役にしたパフェ、カクテルが資生堂パーラーに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋の味覚の代表格といえば“栗”!資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェとBar S(バー エス)では、パフェ、カクテルなど、栗を主役にしたメニューが楽しめる。

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェでは、九州産の大粒栗をぜいたくに使った彩り豊かなパフェ「九州産(宮崎・熊本県産) 和栗のモンブランパフェ」(1980円・税込)を提供。マロンアイスクリームとラム酒ゼリーの相性がよく、抹茶ゼリーが深みを添えている。

Bar Sでは、「オータム ベージュ」と「巨峰ロワイヤル」(各1500円・いずれも税込)が登場。栗リキュールと、やさしい味わいのクリームリキュールで、ひと口ごとに秋を感じるフローズンカクテルに仕上げた。

また、「巨峰ロワイヤル」は、旬の巨峰をスパークリングワインでコンポートし、自家製ピューレを作った。巨峰の旨みを存分に味わえる、秋の夜長にぴったりのロングカクテルになっている。

味覚で感じる秋!資生堂パーラーはこちら(http://parlour.shiseido.co.jp/)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP