ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心と脳はこんな関係です。両者の葛藤をシュールに描いたマンガ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の奔放さに、ちょっと手を焼いている。そんなシチュエーションを想像しながら見てみると、面白さが倍増するはす!

そうそう、英語版の四コマ漫画は、基本左上から右下に向かって読んでいきます。

 01.
月曜日の朝はいつも
頭と心の葛藤

心:なんで、そうまでして働くんだい?まだまだ、仕事への文句が言い足りないくらいあるってのに。

02.
自分の心を
分析できるのは脳だけ

心:すべての問題に対する答えが見つかったよ!
脳:何だい死の必然性を受け入れて、毎日を最大限に生きること?
心:否定するつもりだったけど、それも悪くないね。
脳:そんなことより、アイスクリームの方が重要なんじゃないの?
心:確かに!

03.
心の良き理解者

心:何だって、1日が「ムダ」に感じてしまうんだろう?
脳:試しに、ヘンテコなこと一切せずに、1日を過ごしてみたら?

04.
コーヒーを飲むと
体内ではこんな感じ

脳:ああ、どうしよう。ボクらあまりにもカフェインを摂りすぎたよ。“世界を変えよう”なんて気持ちも、不安の中に溶けていきそうだ。みてごらん、彼(心)の脈の打ち方を。
心:タ・ス・ケ・テ…。
脳:多分、もう少しコーヒーを飲んだらよくなるはず。
心:これ、本当に効いてる?
脳:いいから、こういうときは飲むんだ!

05.
心の従うままに…

心:なあ、いったい何がボクたちを本当の自分から遠ざけているんだろう?
脳:意見の食い違いじゃない?そりゃ、価値ある人間関係も必要だけど、その人たちみんなとつながっている必要なんてないよ。
心:じゃあ何、出会った人みんなに個性を発揮しなきゃいけないってこと?
脳:ああ、そういうことさ。
心:ちょい待った、それをボクとしてちゃダメだろ。
脳:ボクは自分の夢に従ったまでさ。

06.
自制心って、難しいね

脳:コレステロールをどれだけ蓄えるつもりだい?アイスその量って、まさにそういうことだよ!
心:(ドキっ)分かってるって、明日から明日から。

07.
分かっていても
止められないことも

脳:欲しいんだったら自分で注文しなよ!
心:いいんだ、ちょっと欲しかっただけだから。コレステロールを気にしてんのさ。
脳:頼むよー、ポテトが食べたいんだよ。
心:フライドポテトを注文する危険性、分かってんだろ?

08.
ときには、
見境なくなることも

脳:いくらなんだって、クモひとつ退治するのにこれはやりすぎでしょ!?
心:だって、飛び出るくらいビックリしたんだもん。

09.
心は折れてない
気持ちさえあれば…

脳:結局ボクらはずっと、負けっぱなし。万策尽きたよ。
心:コウモリの心臓は砕けたけど、敗北なんてしてない!世界で最も偉大な探偵にお任せ〜!

10.
世界は自分中心!?

脳:へぇー、火星で水を見つけたんってさ。これは大発見じゃないか。
心:いいね。何時に出発?

11.
心は正直者

脳:こりゃ、ちょっと困ったことになったよ。ねえ、どうしよう?
心:簡単さ。問題が消えてなくなるまで、文句を言ってりゃいいのさ!

12.
衝動は
誰にも止められない

心:あ〜イライラする。こんなスマホもういらない。こうしてやる。
脳:ちょ、ちょっと待って!すぐに新しいのなんて買えないんだから、冷静になって。ね?へっ…?いやぁーーーーーー!
心:はあ、はあ、はあ。
脳:分かったよ。やっぱり、ボクら新しいのを買うべきなんだ。
心:だろ?

13.
いつでも良識ある判断を!

左→大人としての責任
右→まったくのナンセンス
脳:いや、こっちだってば…。

これは、アメリカで活躍するマンガ家のNick Selukさんの作品。雪男のYetiが登場する人気マンガ「The Awkard Yeti」からスピンオフした、脳と心を描いた「Heart and Brain」から、一部抜粋してご紹介しました。ときおり顔を覗かせるアメリカンジョークもあるけれど、心と脳の葛藤がよく描かれていますよね。

Licensed material used with permission by The Awkward Yeti

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ、人は「悲しい音楽」に惹かれるのか?アジアと欧米で理由が違った!
あなたの社長がもし「猫」だったら。(マンガ)
世界の有名人の「今と昔」をイラストで振り返る!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。